保護貿易

 明日になったら、『アズールレーン』とか『アビスホライズン』でブログ更新できると思うが。
 今日はネタがないので、また「保護貿易」について。
 『アビスホライズン』をやるのは土曜になるかな?

 保護貿易によって不景気になる。
 株価が下がってリストラが行われる。

 そこまでは予想できるが。
 会社で半分がリストラされても「自分なら生き残れるんじゃないか」と思っていたが、急に不安になってきた。
 今の忙しい状況で、自分の仕事をこなせるのは自分しかいない、と思っているが。
 不景気になってヒマになったら誰でもできる仕事になってしまう。
 「あれ?自分のクビもありえるな」と。

 80年代の貿易摩擦は、貿易量を拡大させるためのもの。
 日本がアメリカに車を輸出して、アメリカの農産物を輸入する。
 貿易量が増えれば株価が上がって、資産家の資産も増える。
 労働者が働いているのに、経済格差が拡大する。自由貿易によって。

 トマ・ピケティは大ハズレなんじゃないの?
 経済格差は、自由貿易を縮小させることが本質的解決だと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント