共産主義革命

 資本主義社会では、資本家(株主)の代理人である経営者がその利益を最大化するために労働者を搾取する。
 資本家の富は増え、その分、労働者は困窮する。格差が広がる。
 労働者は暮らしていけなくなるので、学費や医療費など、さまざまのものが無料になる。
 学費や医療費が無料なEUは社会主義社会だろう。
 資本主義が最大化されれば社会主義になる。

 完全な社会主義社会とは、学費や医療費だけではなく、生活費や住宅も無料でなければならない。
 労働者は、不当に資本家に搾取されているのであるから、これは正当な要求である。
 しかし国家には、すべての国民に一定の生活費や住宅を提供するほどの富はない。
 労働者たちは「約束が違うじゃねーか」と、政府や経営者や資本家の富を暴力で奪うことになる。
 共産主義革命が起きる。

 つまり。
 資本家が自分の富をさらに増やそうとすると、資本主義が行き過ぎて社会主義になる。
 社会主義とは、すべてが無料の社会。
 しかし、それは無理。ユートピア思想でしかない。
 しかし、そのユートピア思想を実現するために共産主義革命が起きる。 
 資本家から搾取されてきた労働者が資本家の富を奪う。

 そもそも社会主義社会が無理。
 しかし無理やりそれを実現しようとするのが共産主義革命。
 そして、お金持ちが「金持ち」という罪で罰せられるのが共産主義社会だろう。
 不当に富を増やそうとする資本家もバカなら、それを暴力で奪おうとする共産主義者もバカ。
 しかし、それは必然的である。

 日本共産党の党是は、天皇家の排除と自衛隊の解散。
 共産党は「それは将来的な目標であって現実的ではない」とゴニョゴニョ言っているが。
 しかしフランス革命だって、最初からフランス王室の排除を掲げていたのではない。
 もし最初からそう言っていたら、フランス革命は失敗していただろう。
 共産党もそれを手本にして党是を隠しているだけで、共産党が与党になったら、必ず天皇家の排除と自衛隊の解散を実現するだろう。
 そうでないと言うなら共産党は、「共産党」の看板を下ろすべきで。
 その看板をまだ掲げているということは、そういうこと。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント