新聞の衰退

 ↓『ダイアログニュース』朝日新聞、発行部数が5年で半減 新潮社「400万部を切ったとの噂」(2018年5月6日)
朝日新聞の発行部数が激減している。
新潮社のニュースサイトのデイリー新潮は5月6日、朝日新聞の社内事情を報じた。
同記事での朝日新聞OBの川村二郎氏によると、新聞の発行部数は「朝日が二月に公表した部数は五百万台だったが、社内では四百万部を切ったというのがもっぱらの噂だ」という。
朝日新聞社が公表した数値によると2017年3月期の朝日新聞朝刊の年間平均の発行部数は641万3000部だった。
400万部を切っていたとすれば公表値から実数は1年間で4割近く減少、この5年では半減したことになる。


 グローバリズムによって格差が拡大した。
 企業(経営者、資産家)が労働者の取り分を搾取する。
 労働者が困窮するのだから、商品は買われなくなる。

 企業から金をもらっているテレビが自由貿易拡大を主張するのは分かる。
 しかし、新聞は労働者が購入することで、広告媒体として成立する。
 新聞も「誰も読んでいなくても企業から広告費がもらえたらいいや」と、「押し紙」で発行部数を水増ししていたが。
 誰も読んでいないものに、企業は金を払わないだろう。
 自由貿易が拡大したら、新聞はその価値を失う。

 テレビと新聞では、商売の仕方が違う。
 企業にぶら下がっているテレビは安泰だが、労働者にぶら下がっている新聞は衰退する。
 新聞は、本来、労働者側に立たなければ商売が成り立たないのに、企業側に立って搾取のおこぼれをもらおうとしているから、誰にも相手にされなくなる。
 また、労働者を搾取している側である企業やテレビ局(及び、芸能人やアスリート)にはヘイトが向けられるだろう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント