ロリコンモンスター

 ↓公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」から。
メディアは冗談でも前園真聖さんにお酒を勧めてはいけない・・・です(2018/05/01)
世間はいまだTOKIOの山口達也さんの件で持ちきりですが、先日あるワイドショーで、山口さんのアルコールの問題から、元Jリーグ選手の前園真聖さんにコメントを求め、さらには再飲酒を勧めるような、断酒を揶揄するような発言がありました。

前園さんに対し、メディアが度々飲酒をけしかけるような場面が目に余るので、これは本当に止めて欲しいと、強く申し上げたいと思います。

多分前園さんはアルコール依存症ではないと思いますが、けれども酔って暴行事件を起こしたということは、前園さんのお酒の飲み方に問題があったことには間違いありません。

前園さんの様に、正体を失うほど思いっきり飲むことをビンジドリンクと言います。
そして依存症問題とは別に、このビンジドリンカーによって、暴行事件や飲酒運転など社会問題は度々起きています。

ですからアルコール依存症者も断酒が基本ですけど、このビンジドリンカーも断酒することで、ご自分の人生を安全に守れるのです。何度も言っていますが、こういう問題は精神論ではどうにもなりません。

前園さんが、ご自身の問題を認め、きっぱりと断酒なさったことは非常に立派です。
このまま断酒を継続するべきです。


 前園真聖はアルコール依存症ではない。
 そうではなくて「意味もなく誰でもいいから殴りたい」という本性(無意識的な欲求)があって。
 でも普段は理性によって、それは抑えられている。
 しかしその欲求が強くなって抑えられなくなったら、理性のタガを外すために深酒して酩酊する。
 それで本能が解放され、「ステゴロの前園」が現れる。
 タクシー運転手を暴行するために、金を払わないで降りる。逮捕される。

 問題なのはアルコールではなくて、「誰でもいいから殴りたい」という本性のほう。
 アルコールを飲まなければ理性は保たれ、「ステゴロの前園」が現れることはないが。

 フジテレビの『ワイドナショー』で松本人志が前園真聖に飲酒をけしかけるのは。
 理性で隠しても、端々に現れる「ステゴロの前園」に、「殴りたいんだろ?」とやっているのだろう。
JOJO02.jpg

 ところで。
 私は「本性」とは言っているが、それは克服できるものだと思う。
 「人を殴りたい」とか「ロリコン」とか、何かをきっかけに、または時間とともに興味をなくすこともあるだろう。

 さて、話題のTOKIOの山口達也メンバー。
 事件をアルコールのせいにしているが、でも1か月も断酒していたのにアルコール依存症のわけがない。
 松岡昌宏も、医療機関でアルコール依存症と診断されていない、と言っている。

 山口達也の問題は、「未成年と性交がしたい」という本性だろう。
 もちろん山口達也も理性では、それはダメだと分かっているはず。
 その理性のタガを外すためにアルコールが必要になる。
 今回の事件の本質はアルコールではなく、ロリコン。

 山口達也も、前園真聖のように断酒して理性を保っていれば、今後、このような性犯罪は起こさないだろう。
 しかし、「性犯罪は再犯率が高い」と言われる。
 それは本性の問題だからだと思う。

 性犯罪の法律が去年の6月に改正された。
 それまでは親告罪で、示談によって被害者が告訴を取り下げれば犯罪自体が存在しなくなる。送検されなかった。
 しかし改正によって、示談があっても被害者の告訴に関係なく送検される。
 送検された後に「示談があるから」と起訴猶予になったりする。

 今回の山口達也の事件は、初めてとは思えない。
 法改正前は、事務所の力で、事件をもみ消してきたのではないのか?
 「ロリコンモンスター山口達也」を育ててきたのはジャニーズ事務所だと思う。
 山口達也の甘えの根源はジャニーズ事務所。

↓公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」から。
山口達也さんは日本のエミネムを目指して欲しいです(2018/04/29)
山口さんのこれからに必要なことは、
おそらく彼は依存症と思われるので、まずその自分の病気を認め、
病気の中にいた時に起こした、様々な狂気の出来事を正直に告白すること、
そして、それらの誤った行動に対し、可能な限り埋め合わせをすること、
といった自助グループで行われている、回復プログラムそのものだと思います。


 今回の事件は「未成年に対する性犯罪」なのに、この田中紀子氏はアルコール依存症としているのはズレているが。
 たしかに「自分の病気(ロリコン)を認め、告白すること」は、有効だと思う。
 でも「自分はロリコンモンスターです」と告白できるかと言ったら無理だと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント