セクハラ財務次官

 ↓『テレ朝news』福田次官、セクハラ否定 対する新潮「次号で見解」(2018/04/16)
 財務省の福田淳一事務次官は、週刊誌で女性記者へのセクハラ疑惑を報道された件について「女性記者との間でこのようなやり取りをしたことはない」とセクハラ行為について否定するコメントを出しました。

 財務省は、矢野官房長が福田次官から聴取した結果を公表しました。このなかで、週刊誌の報道について「事実と異なるもの」として完全に否定しました。また、「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」と説明したということです。そのうえで、「名誉毀損にあたることから、現在、新潮社を提訴すべく準備を進めている」としています。報道が出たことについては「不徳の致すところ」としながらも、自身の進退には触れていません。福田次官を巡っては先週発売の週刊誌で女性記者へのセクハラ疑惑を報じられ、証拠とされる音声も公開されていました。これに対して、週刊新潮は「見解は19日発売の次号に掲載します」とコメントしました。


 福田淳一は「キャバクラで録音されたもので、女性記者に対する発言ではない」と主張しているのだろう。
 女性記者がキャバクラに潜入していたのか、キャバ嬢が記者と偽って週刊新潮に持ち込んだのか。

 でも、にわかには信じられない。
 まぁ本人が「事実ではない」と言っている以上、調査して事実でないことを確認するしかないか。
 でも、「事実なんじゃないの?」と思ってしまう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント