思考実験/臓器くじ

 ↓『頭の中は最強の実験室』P19 「臓器くじ」
 ある社会では次のような制度がある。社会全体の健全な肉体をもつ者のなかからくじ引きで1人に死んでもらい、その臓器を切り取って、別々の致命的な病気をもった5人に移植して5人の命を助けるというものである。あなたは、この制度についてどう思うか?

 消極的殺人で5人を見殺しにするのか、積極的殺人で1人を殺して5人を救うのか、という問題。

 臓器移植が必要な人を死なせることを消極的殺人とするのが、この問題の詭弁。
 病気の5人を見殺しにするのは殺人ではない。
 健康な肉体を持つ者から臓器を取る殺人は許されない。

 しかし、これが「羊飼い」の話なら。
 1匹の健康な羊から臓器を取って、5匹の羊を生かすほうが利益が多いだろう。

 功利主義は羊飼いの話では通用するが、それを人間社会に持ち込まれても困る。

 ただし、これがもしも戦争中の軍隊だったら。
 A国は1人を生かすために5人を見殺しにする。
 B国は5人を生かすために、1人を殺す。
 A国の兵士は1人。B国の兵士は5人。
 A国で生かされた1人の兵士も、B国の兵士5人に殺され、戦争はB国が勝利する。
 軍隊においては、功利主義で考えたほうがいいだろう。

 また、戦争中の一般社会においても。
 総力戦で、どれだけ多くの物資を作れるかという状況なら、人的資源を多く確保したほうが勝利する。

 だから、戦争が身近にある世界であれば、功利主義が採用されるだろう。
 しかしそれは、国を存続させるものではあっても、人間社会においては不適応であるから、批判を受けることになる。

 ↓『頭の中は最強の実験室』P21 「野戦病院での薬の配分」
 ここに1人の患者Aと、A以外の5人の患者がいる。全員激痛に苦しんでいる。患者Aは将官で、Aのもとには後方基地より鎮痛剤が送られてきた。その鎮痛剤をAに投与すれば1日中彼は苦しまないですむ。しかし、同室の5人の患者は、患者Aとは体質が異なり、1/5の量で1日中苦しまないですむ。
 あなたは医師である。Aの薬を取り上げて、5人の患者に投与するか、本部の命令を順守するか、どちらだろうか?


 軍医であるなら羊の一匹にすぎないのだから、羊飼いである本部の命令を順守するべきである。
 しかし、自分がたまたま通りかかったフリーな医者で、たまたま鎮痛剤を持っていたという設定なら、5人に投与する。より多くを救えるほうに使うだろう。

 まとめ。
 功利主義は羊飼い(人間飼い)の理屈。
 人間社会で功利主義はナンセンス。
 しかし、戦争中であれば、社会は功利主義的になるだろう。倫理よりも功利が優先される。
 功利主義が生まれた、ベンサムが生きた時代がそうだったのだろう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント