内閣改造

 ↓『zakzak』「仕事師」ズラリ!“改造暗闘”舞台裏 中韓懐柔で河野外相起用、「石破潰し」へ側近入閣で“分断”(2017.8.4)
 安倍晋三首相が3日に第3次安倍第3次改造内閣を発足させた。内閣支持率が下落するなか、閣僚19人のうち入閣経験者11人で安定感と改革断行の姿勢を示し、自身と距離のある河野太郎前行革担当相を外相、野田聖子元総務会長を総務相兼女性活躍担当相、林芳正元防衛相を文科相に起用するなど「脱お友達」で挙党一致を目指した。「ポスト安倍」では、岸田文雄外相兼防衛相を自民党政調会長に抜擢(ばってき)して重用する一方、「反安倍」の急先鋒(せんぽう)である石破茂元幹事長の側近・周辺議員を閣内に取り込むなど、「石破潰し」ともいえる側面も見せた。

 「石破潰し」内閣だと思う。

 石破氏の側近・周辺議員も閣内に取り込んだ。
 農水相に決まった斎藤健農水副大臣は、石破氏率いる「水月会」の主要メンバー。国家公安委員長兼防災担当相の小此木八郎国対委員長代理と、地方創生担当相の梶山弘志元国交副大臣は、石破氏が立ち上げた「無派閥連絡会」に所属していた。


 自民党総裁選では、経団連は石破茂を支持するだろう。
 そしてJA(農業協同組合)票は、別働隊である小泉進次郎が取り込んでいるだろう。
 党員票では、安倍晋三の負けは見えている。
 そうなると、石破茂の推薦人を減らして立候補を断念させるしかない。
 で、石破派を閣内に取り込んだ。

 河野氏が外相として実績を残せば、岸田氏の次の世代のホープに浮上する。石破氏には「世代交代」を感じさせる人事といえる。

 河野太郎、野田聖子、林芳正、小野寺五典は、石破派を切り崩せたら、安倍晋三に貸しを作ったことになる。
 長老になった安倍晋三が借りを返すことになるだろう。
 将来の総理大臣レースになっていると思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント