文在寅韓国大統領

 ↓『朝鮮日報』韓国に礼儀を尽くした米高官「韓国の民主主義がうらやましい」(2017/05/17)
 米国ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長は16日に韓国大統領府と韓国外交部(省に相当)を相次いで訪問し、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初めてとなる両国政府関係者の顔合わせに臨んだ。ポッティンジャー氏は「韓国における柔らかい政権交代に深い感銘を受けた」とした上で「韓国では民主主義が簡単なものに見える。少し嫉妬している」と述べた。

 ポッティンジャー氏はこの日、ソウル市内の外交部庁舎で取材に応じ「韓国は全世界に模範を示した。韓国がここ数年間、そして新政府と共に1週間で成し遂げた成果に敬意を表する」とした上で上記のように述べた。ポッティンジャー氏はさらに「われわれは幅広いテーマについて議論を行った。それは自然なことであり、韓米同盟の基本的な部分だ」「韓国はわずか1週間、米国は数カ月のいずれも若い政府だが、韓米同盟自体は歴史が深い。同盟の根はこれまで以上に強固で、両国新政府の下でより強化されると自負している」などとも話した。また韓国大統領府訪問については「良い出会いの場だった」とコメントした。外交関係者の間ではポッティンジャー氏の一連の発言について「最初の顔合わせで相手への礼儀を尽くそうとしたのでは」などの見方が出ていた。


 私は、大統領選で北朝鮮の介入があったのか、気になっていて。
 そこらへんの情報をアメリカが掴んで、かましに行ったんじゃないかと期待していたのですが。
 どうやら、そんなことはなかったみたいで、残念。

 廬武鉉の側近だった文在寅。
 廬武鉉は強かった、というのが私の印象。
 北朝鮮の代理人として、アメリカや中国に対して強気だった。
 文在寅韓国大統領は、まず「前回(廬武鉉時代)は、はしゃぎすぎてごめんなさい」するところがスタートだと思う。

 ↓『朝鮮日報』THAAD:韓国国会の同意、韓米首脳会談まで見送り(2017/05/18)
 韓国大統領府(青瓦台)と与党が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の国会同意を6月末に予定される韓米首脳会談以前には行わない方針であることが17日までに分かった。複数の与党幹部は本紙の電話取材に対し、「国会同意を進めるのに先立ち、まず米国に理解を求めるべきだ。韓米首脳会談までに国会同意を急ぐ理由はない」と述べた。与党内のTHAAD問題に関する見方は、「THAADを送り返すことも検討すべきだ」=禹元植(ウ・ウォンシク)院内代表(民主党)=という意見のほか、「(大統領)候補当時の発言とは違いが生じるはずだ」=ホン・ソクヒョン対米特使=との声もあるなどさまざまだ。

 普通だったら、訪米までに国会同意を得ようとするだろう。
 文在寅は訪米でナシをつけて、THHAD配備を撤回するつもりなのか?
 撤回するつもりだから、今の時点で国会同意を急がない。

 撤回するつもりでも、どうやってアメリカに納得させるのか?
 アメリカの弱みを握って、とかしないと無理だろう。
 韓国とアメリカで「冷戦」が始まる予感。
 まぁアメリカが韓国に屈した場合、日本が韓国や北朝鮮に金を払うことになるだろうけど。
 THHADや慰安婦合意が撤回されたら、文在寅がトランプに勝利したということ。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント