北朝鮮問題

 4月25日は、北朝鮮の人民軍創設記念日。
 その日に核実験が行われるのではないかと言われている。
 アメリカの空母・カールビンソンもその頃に日本海に到着するとか。
 やばい。ビッグイベントへの期待感でビールが止まらない。

 ↓『JIJI.COM』北欧訪問、一転取りやめ=安倍首相、北朝鮮情勢受け(2017/04/21)
 安倍晋三首相は、北朝鮮情勢が緊迫化していることを受け、今月下旬からの外遊日程を短縮することを決めた。政府関係者が21日、明らかにした。ロシア、英国訪問は予定通りだが、北欧4カ国への訪問は取りやめる。27日に出発し、30日に帰国する予定。
 政府は首相のノルウェー、デンマーク、フィンランド、スウェーデン4カ国訪問に向けて調整を進めていた。ただ、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射の挑発に出る可能性が否定できず、首相が取りやめを決めた。


 安倍晋三もビール片手にテレビ観戦だろう。

 では、本当のところ、アメリカによる北朝鮮攻撃はあるのか、ないのか?
 ↓『ロイター』ペンス副大統領、非武装地帯視察(2017年04月17日)
 【ソウル共同】韓国訪問中のペンス米副大統領は17日、南北の軍事境界線がある板門店で非武装地帯(DMZ)を視察した。ペンス氏は北朝鮮に対応する上で「全ての選択肢を検討している」と述べて軍事的選択肢も排除しない考えを改めて示し、「北朝鮮は同盟国を支える米国の決意を読み誤ってはならない」と話した。

 「米国の決意を読み誤ってはならない」と警告しているように、ペンスはやる気満々。
 ユダヤ勢力と仲良しの江沢民派であるチャンソンテクを処刑した金正恩は敵。
 しかしチャンソンテクを処刑したからこそ、トランプ大統領や習近平国家主席とは仲良しになれるはずだが。
 しかしトランプ政権では、ユダヤ人のジャレッド・クシュナーやネオコン(イスラエル大好きの共和党主流派)のペンス副大統領が主導権を握っている。

 金正恩がアメリカの攻撃を回避したいなら、核放棄するしかないが。
 そうなると北朝鮮でクーデターが起きるのだろう。
 金正恩は軍部を掌握していないのかもしれない(チャンソンテクを処刑したんだから、そんなことはないと思うけど)。

 北朝鮮危機を回避するには、
 1)核実験を行わない。
 2)クーデターを起こさない。
 この二つの条件を満たさなければならない。
 トランプ大統領が北朝鮮にアドバイスしたように「行儀よく」しなければならない。

 北朝鮮の国境付近でロシアや中国の軍隊に動きがあったらしい。
 クーデターに対するけん制かもしれない。
 クーデターの動きが抑えられれば、金正恩は核放棄できるだろうが。

 北朝鮮危機はあるのか?
 普通に考えたら、ない。
 でも、そこは朝鮮人。判断を間違えることは大いにあり得る。
 安易な道に飛びついてしまうだろう。

 それが、北朝鮮は核実験を行うが、日本がアメリカを説得して北朝鮮攻撃を回避する、というアホみたいな筋書き。
 ソンイルホとか日本共産党の宮本徹とか国際政治学者の三浦瑠麗は、日本人の危機感をあおっている。
 小泉純一郎-金正日のときは、それは成功したが。
 しかし親ユダヤで江沢民の庇護を受けていた金正日と、江沢民派を処刑して反ユダヤになった金正恩では立場が違う。
 日本人の危機感をあおっているのは、金正恩をハメ殺すためとしか思えない。
 朝鮮総連もチャンソンテク派だから、金正恩の排除を望んでいるはず。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント