小池百合子都知事/豊洲問題

 ↓『NHK NEWS WEB』安倍首相「公明党抜きで勝負するいい機会だ」(3月14日)
安倍総理大臣は自民党の二階幹事長と会談し、7月の東京都議会議員選挙で、公明党が、小池知事が率いる都民ファーストの会と選挙協力を行うことを踏まえ、「公明党抜きで勝負するいい機会だ」と述べ、党をあげて選挙戦に臨むことを確認しました。

 公明党抜きで都議選に勝てる算段ができたのだろう。

 豊洲問題は小池百合子の敗戦になりそう。
 「東京五輪」に続き2敗目。
 「ひっかきまわすだけの無能」は、師匠の小沢一郎譲りか。
 豊洲問題は「石原慎太郎問題」にすりかえてごまかすしかないだろう。

 ただ、それでも自民党は都議選で勝てるのか?
 組織票が自民党から離れているんじゃないか?と思うのだが。

 ↓『産経ニュース』「安心のため法令以上の措置」 豊洲市場の安全性…小池氏が都議会自民と論戦(2017.3.14)
 東京都議会の自民党は14日に開かれた都議会予算特別委員会で、小池百合子知事に対して築地市場(中央区)、豊洲市場(江東区)の安全性をめぐる論戦を仕掛けた。築地から豊洲への移転推進の立場をとる自民は、豊洲が法令上の土壌汚染対策が実施されていることを強調したが、小池氏は豊洲の整備方針で法令以上の対策が決まっていたことを挙げて「それを徹底していく」と反論。議論は平行線に終わった。
 特別委で自民の崎山知尚議員は、小池氏がこれまでに築地の土壌汚染の恐れに関して「コンクリートなどで覆われ、法令上の問題はない」と発言したことに言及。豊洲もコンクリートで覆われるなどし、法令上の基準を満たしているという都幹部の答弁を引き出し、「豊洲は法令上の問題をクリアしているのか。イエスかノーか」と迫った。
 小池氏は「安心のために法令を上回る措置を講じるというのが議会、都庁で決めたことだ」と指摘し、「それを徹底し、信頼を確保しようというのが私の決意だ」と答弁した。
 また、崎山氏は築地について建物6棟の耐震不足や、大雨時にマンホールから水があふれるなどの老朽化を指摘。売り場が外部から遮断されていない「開放型」の市場でネズミなどが確認されているとし、安全・安心について見解を求めた。
 小池氏は「さまざまな課題を抱えているが安全と考えている。長年にわたって勝ち得た築地ブランドという安心もある」と強調した。


 都議側は、耐震性、老朽化、ネズミなどの問題から、豊洲のほうがより安全だろう、と。
 これに対して小池百合子は「築地も豊洲も安全性は満たされている」と認識しているが、「豊洲は安全ではあるが安心できない」と。
 「福島産のコメは安全だが安心できない」という理屈。

 「安心」というのは気分の問題だから安全基準があるわけで。
 安全基準は満たしているのに安心できないと言われれば「つける薬がない」と思うしかない。

 そもそも豊洲問題って。
 築地より狭いのに家賃が高い、というのが問題だったはず。
 バカに話を持っていくと、あさっての方向に話が進む。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント