北朝鮮/金正男暗殺

 捜査は進展しているのですか?
 なんか、最速で迷宮入りしそうな予感。

 今のところ優勢なのは、1)北朝鮮黒幕説。
 そりゃ、北朝鮮国籍の者が逮捕されたり、関係者がすでに北朝鮮に帰国した、と報道されれば、もうこれで決まりだろう。
 ただし、逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者は関与を否定しているらしい。

 2)韓国謀略説。
 『2ちゃんねる』では、まだそこそこ支持されている感じ。
 「韓国ならやってくれるはず」という期待が高いのだろう。

 3)日本のテレビ局がふざけて。
 ↓『日テレNEWS24』日本のTV番組撮影と依頼か…金正男氏殺害(2017年2月19日)
 北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、逮捕された女が先月、家族に「日本人を名乗る男に仕事を依頼された」などと話していたことがNNNの取材で分かった。
(中略)
 一方、すでに逮捕されているインドネシア国籍のシティ アイシャ容疑者(25)をめぐり、新たな証言が得られた。シティ アイシャ容疑者は先月、実家に戻った際、家族に、日本人を名乗る男に仕事を依頼されたなどと話していたという。
(中略)
 シティ アイシャ容疑者は「日本で放送するテレビ番組の撮影のため、お金持ちの男性にソースをかけるように依頼をされた」などと話していたという。


 ソースなどではリアクションが薄くて、プロデューサーが「サリンとかVXガスを混ぜてみよう」とエスカレートしてしまったのだろう。
 日本のテレビ局ではよくあること。
 アイシャ容疑者はまだ自白していないようだが、おそらくTBSかテレビ朝日だろう。
 ただ、いずれのテレビ局にしろ、過激な演出で知られ、また北朝鮮に関する本を出したこともあるテリー伊藤の関与がささやかれている。

 4)マレーシア犯行説。
 ↓『産経ニュース』正男氏のマレーシアの足取りは謎 北朝鮮が監視強化も「闇ビジネス」関与?(2017.2.20)
 日韓の情報関係者によると、金正男氏の義理の叔父、張成沢氏が2013年に粛清されて以降、北朝鮮はマレーシアでの監視活動を強めていた。
 正男氏は張氏と親しく、10年に張氏のおいの張勇哲氏が駐マレーシア大使に任命されると、正男氏は定期的に同国を訪れるように。だが、成沢氏処刑に伴い勇哲氏も召還。その後、偵察総局が同国での正男氏の動静を厳しく調べるようになったという。


 金正恩の後見人だった張成沢のおいがマレーシア大使だった。
 マレーシアは張成沢派(江沢民派)ではないのか?
 そうするとマレーシアにとって金正恩は敵となる。

 ↓『FNN』金正男氏遺体引き渡しめぐり非難の応酬(02/21)
北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、遺体の引き渡しをめぐり、北朝鮮とマレーシアが非難の応酬となっている。
正男氏の遺体をめぐって、北朝鮮側は当初から引き渡しを強く求めているが、マレーシア当局は捜査中であることや、親族が名乗り出ていないことを理由に拒んでいる。
20日、記者会見に臨んだ北朝鮮のカン駐マレーシア大使は「マレーシア警察の捜査は信用できない」と述べ、マレーシアを批判した一方、マレーシア外務省も、北朝鮮の抗議は「根拠がない」と反発していて、親密とされる双方の関係が急激に悪化している。


 北朝鮮もマレーシアの関与を疑っているのではないのか?

 ↓『JIJI.COM』金正男氏殺害に「応分の代価」=北朝鮮のテロ非難-韓国大統領代行(2017/02/20)
【ソウル時事】韓国の黄教安大統領代行(首相)は20日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を主宰し、金正男氏殺害事件について、北朝鮮に「応分の代価」を払わせるため、国際社会と協力していくよう指示した。韓国政府が発言内容を発表した。
 黄大統領代行は「背後に北朝鮮の政権がいるのは確実視される。決して容認できないテロ行為だ」と非難。「政権維持のためなら手段と方法を選ばない北朝鮮政権の無謀さと残虐性を如実に示している」と指摘し、韓国政府や国民を狙ったテロを一層警戒しなければならないと強調した。


 金正男は韓国に亡命して韓国大統領になればよかったのに。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント