英国EU離脱

 ↓『朝日新聞DIGITAL』EU離脱「自由な労働どうなるのか」 残留派に独立論(2016年6月26日)
 英国では、欧州連合(EU)からの離脱が決まった翌日も動揺が続いた。世界中から人が集まる都市部では、移動の自由が制限され、労働や教育の機会が減ることへの不安の声が相次ぐ。仕事で輸出入のコストが上がることを心配する声も出ている。
 「これまでは自由に働けたけど、(離脱交渉の期間が終わる)2年後からどうなるのか分からない。子どもたちの教育もあるから、とどまるつもりだけど」。エスプレッソの香りが漂うロンドン中心部のイタリアンカフェ。EUからの「離脱」決定から一夜明けた25日、ウェートレスとして働くルーマニア出身のアイオネラ・ユガさん(35)は、心配そうに話した。
 2007年にルーマニアがEUに加盟した後、ロンドンで働くことを決めた。カフェのオーナーはエジプト人で、従業員のほとんどがポルトガルやポーランドなどEU諸国からの「出稼ぎ組」だ。「ルーマニアでは働いても月300ポンド(約4万2千円)がせいぜい。ここでは月1400ポンド。生活費は高いが、それでもこちらのほうがいい」と話す。ルーマニア人の夫との間にロンドンで2人の子どもが生まれ、母国に戻るつもりはない。英国籍取得のテストを受けるべく、準備するつもりだ。
 国際都市のロンドンには、世界中から学生や労働者が集まる。とりわけEU市民にとって、英国の教育レベルや生活水準の高さは魅力で、旅行先としても人気だ。英国のEU離脱で、就労や教育目的の自由な滞在は不可能になり、ビザ取得などの手続きが必要になる可能性が高い。


 そりゃあね。
 イギリスのほうが物価が高くて、その水準に合わせた給料になっている。
 他の国よりも給料が高いから、労働者が集まってくる。
 労働者が集まってくるから、人件費を安くすることができる。
 一般のイギリス人は、物価が高いイギリスで安い給料で生活することになる。
 もちろん、自分が経営者であるなら、安い労働力を利用できるEU残留のほうがいいのだろうけど。

 ↓『産経ニュース』【主張】英国のEU離脱 欧州統合の理念失うな 主要国は協調し混乱抑えよ(2016.6.25)
EUは東欧の旧共産主義諸国も受け入れ、28カ国へと拡大した。これらの国々の民主化が進んだことは評価できるが、拡大を急ぎすぎなかったか。

 EUは旧共産主義諸国に拡大したことで、さらに安い労働力を手に入れた。
 だが、拡大を急ぎすぎたことでイギリスの離脱を招くことになった。

 EUにおいて、イギリスやドイツやフランスなどの大国の国民は、当然のことだが貧しくなる。
 しかし、それを超える「理念」があって統合したのだろう。
 しかし、「パナマ文書」で明らかになったように、キャメロン首相がタックスヘイブンを利用していた。
 EUの理念のために、国民には貧しくなることを受容させているのに、政治家や企業は同国民の貧困をよそに儲けていた。
 政治家や企業は「理念」を掲げて国民をだましていた。

 ↓『BuzzFeed Japan』【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?(2016/06/25)
6月23日(現地時間)の国民投票でEU離脱派が残留派を上回ったイギリス。そこで若者たちが悲痛な声を上げている。
(中略)
なぜか。EU加盟国である恩恵を若者たちは感じていたからだ。離脱派の主張は若者の心をつかまなかった。
離脱派の勝利は複数の要因が指摘されている。英国民たちの移民への反感、主権を取り戻すという高揚感、EUに税金が吸い取られるという不公平感、英国外のEUの官僚によって政策が決められる剥奪感。それらが絡み合った。
だが、一定層の若者はすでに自由に移動ができ、進学先や仕事が選べるメリットを感じていた。
あるミレニアル世代(1980〜2000年生まれ)の英国人女性のワシントン・ポストへの寄稿が端的に言い表している。「USBの使い方もわからないような世代によって混沌がもたらされた」。
(中略)
若者の大勢は残留派だった。YouGovの調査によると、18〜24歳の75%は残留に投票した。年齢が上がるほど、残留派は減る。
(中略)
こうした若者たちの不満の背景には、比較的恵まれた戦後のベビーブーム世代への反発もある。若者の犠牲のうえに高齢者が得をするというシルバーデモクラシーだ。
フィナンシャル・タイムズが過去50年間の80万世帯所得を分析した記事によると、過去35年にわたって年金受給者の所得が上がり、平均的な20代の所得は、全人口の50%を下回ってきた。
インフレや失業問題にもかかわらず1960〜70年代には、20〜25歳の平均的な所得は全体の人口の60%より上だった。だが2012〜13年、それは37%に落ち込んだ。
その要因は高齢者だ。かつて全人口の75%より低かった65-70歳の所得は、いまやトップ40%に上昇している。


 若者の貧困の原因は「高齢者だ」。
 ある意味、正しい。
 イギリスは2011年に定年退職をなくしたから。
 しかしそれに加えて、さらに移民も貧困の要因になっている。
 つまりイギリスは、「老人」と「移民」という2つの問題を抱えている。
 若者は「老人」を問題にして、老人は「移民」を問題にした。
 若者の矛先が「老人」に向かって、それを逸らすために「移民」が槍玉に挙がった、とも見ることができる。
 まぁ2つの問題のうち、今回のEU離脱で「移民問題」が解決に向かい、そして「老人問題」は時間が解決してくれるだろう。
 
↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

wlw・ヴィラン戦

 公式サイトに、月曜にバランス調整を行う、と予告。

 調整内容を見た印象としては。
 ヴァイス、大幅下方。
 ツクヨミ、上方。
 闇吉備津、微上方。
 温羅、微下方。
 フックは専用アシストで微下方。

 ヴァイスはドローハメができなくなっているか気になる。
 そしてツクヨミの上方調整。
 ドローの硬直が少なくなっているのは影響がある調整だと思う。
 特殊ドローは調整が難しいんだから、死に調整でいいのに。

 あと、硬すぎた強化唱のHPが下方。
 メロウがワンダースキルを使っても、うんざりするほど硬かった。
 猛突進の巨人はスピードアップの上方。
 特殊ドローと同様に、猛突進もこのゲームに合わないんだから削除すればいいのに。
 火ねずみの皮衣が上方。
 採用できるぐらいのHP回復量になったのか?

 日曜までヴィラン戦。
 美候じゃなくてもおとり役はできるんじゃないかと。
 逃げに徹して、移動し続けて、さらに回避すれば。
 クロノダイルのクロックダイバーを避ける感じで、どのキャラでも大丈夫じゃないかと思ったのですが。

 アリスで試してみたら。
 自分がターゲットになっていれば問題ない。
 でも、ジャバウォックが他の味方のほうへ移動しようとしたら、近づくか攻撃しなければ、おとりを続けられない。
 近づいたら、ジャバは急反転してダッシュしてくる。
 回避だけでは攻撃を避けられない。
 アリスでおとり役は難しいと思った。

 その点、美候は。
 ジャバがダッシュで近づいてくる間にストレートを2発撃っても、仙岩変化が間に合う。
 なに?このスキル。
 今まで猿を使っていなかったから、そういうスキルだと知らなくて、ジャバのバックステップにストレートを撃っていた。

 マッドハッターなどのMP回復ソウルをつけて、その場で動かないでストレートを連打。
 ジャバの攻撃に合わせて、仙岩を発動。
 これだけ。

 アリスと比べたら、ぜんぜん難易度が違う。
 脳死プレイが楽しくて、8回制圧した。
 周回の制圧報酬がもっと良ければいくらでもやりたいのに。

 Sランクや称号「孤高の修練者」ともマッチングした。
 「孤高の修練者」は、修練場を1000回プレイ。12万5千円。
 金額を考えると、ゲーセンの店員がタダゲーでやっているように思えるのですが。
 ゲーセンの閉店後だから、修練をやるしかなくて。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

wlw・ヴィラン戦

 今日から日曜日までヴィラン戦。
 新ヴィランは「ジャバウォック」。

 3つのミッションをクリアすると新SRソウル「ヴォルフ」がもらえる。
 ミッションは、
 1)チームで敵兵士を累計で900体撃破する。
 2)チームで敵キャストを累計で60体撃破する。
 3)チームで敵拠点を累計30箇所破壊する。
 2番が手間取る。
 イベント中はリーフショップでヴォルフを5枚買えるから、それと合わせてミッションクリアで+5になる。

 制圧報酬は、
 1回目、スペルリーフ×50。
 2回目、スーパーレアの雫。
 3回目、スペルリーフ×100。
 4回目、ワンダーレアの雫。
 5回目、称号『混沌の怪物』。
 6回目以降、ワイルドハイOD(SR)。

 制圧報酬が安いからか、ヴィランは無視して敵キャストだけ倒している人もいた。
 ただ、その人もヴィランを殴っていれば倒せたのに。
 ヴォルフ目的で敵キャストを狙うか、制圧目的でヴィランを倒すか。
 目的が2つあるから、そこらへんの意思疎通が難しい。

 ジャバウォックはダッシュで近づいてから、
 1)ひっかき。当たると、回避性能ダウン。
 2)回転攻撃。当たると、毒ダメージ。
 攻撃後はバックステップする。
 ダッシュは、自分から離れていったのに、急に戻ってきたりする。
 「他に向かったな」と思って攻撃すると、その硬直に攻撃を喰らったり。
 あとジャバウォックが顔の前で腕をクロスさせたら、3回、突風攻撃が来るが、これはダメージが低い。
 気をつけるのはダッシュのあとの攻撃。
 ジャバウォックのワンダースキルは、硬質化とHP回復。

 アリス。
 役に立たない。
 硬直が大きすぎる。
 ワンダースキルもダメージが抜けてくる。

 アシェンプテル。
 ジャバウォックのバックステップにクリスタルスラッシュを当てようと思ったのだが。
 まずダッシュからの攻撃をかわすために離れるから、その距離からバックステップされたらクリスラが届かない。
 でもアリスよりはやりやすい。

 美候。
 簡単。
 ビルドは、大風払いの扇とソウル・マッドハッターなどのMP回復系。スキルは仙岩変化。
 自分がターゲットになったら、自陣の回復の泉近くに誘導したほうがいい。
 近づいたらターゲットになるのかな?
 ジャバウォックがダッシュしたのを見たら、仙岩変化。
 バックステップにストレート。
 動かないでMP回復。
 それだけ。
 美候なんてほぼ使ったことがないが、簡単。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

wlw・ヴィラン戦(予告)

 日曜までログインボーナスキャンペーン中です。
 一昨日まではクーポン目当てで毎日ゲーセンに通っていたのですが。

 ヴァイスにドローでハメられた。
 いや、ハメられたんじゃなくて、読み負けただけかもしれないが。
 「もうやらねーわ」って思った。
 ヴァイスが死に調整されるまで。

 まだヴァイス獲得イベントの40プレイが終わってなくて。
 獲得イベントは26日まで。
 で、月曜から26日まで、新ヴィラン戦の予告が公式サイトに。
 ヴァイス獲得のプレイ数はヴィラン戦でこなすことにする。

 でもヴァイスの調整と言っても。
 次の舞闘会は今のままだろう。
 気が重い。
 初のイベント不参加かも。
 あと、強化唱の巨人もHPが高すぎてうんざりする。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

wlw・ログインボーナスキャンペーン

 今日から金曜日まで、毎日クーポンプレゼント。
 土日はSRODとSRの雫。
 まぁ毎日通えるなら通うだろう。

 今日の対戦結果。
 サンドリヨンで2勝2敗。
 いつもどおり、パッとしない成績。

 いや、サンドで毒りんご+バンダースナッチを試しているんですが。
 いまいちですな。
 LV2でMPが余ってしまう。
 毒りんごは、LV2スキルを多用するキャラのほうが合っていると思う。
 
↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン