漫画家・佐渡川準さん自殺か

 ↓2ちゃんねるから。
【茨城】漫画家・佐渡川準さん自殺か 34歳 代表作「無敵看板娘」★4
1 :そーきそばΦ ★:2013/08/15(木) 02:54:43.38 ID:???0
13日午前5時ごろ、茨城県利根町中谷の利根親水公園で、東京都小金井市、漫画家佐渡川準(本名・川人睦〈むつみ〉)さん(34)が、首をつった状態で死亡しているのを発見された。通りがかった男性(60)が110番通報した。茨城県警取手署は現場の状況から自殺とみている。

 署の発表によると、佐渡川さんは公園内の木にロープをかけ、首をつっていた。死亡したのは13日未明ごろという。

 免許証から佐渡川さんと確認された。公園の駐車場に佐渡川さんの乗用車が止めてあった。所持品には遺書はなかったという。

 佐渡川さんは利根町出身。秋田書店によると、現在、「週刊少年チャンピオン」で「あまねあたためる」を連載している。代表作は「無敵看板娘」という。
朝日新聞デジタル 8月13日(火)17時44分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000023-asahi-soci


 『無敵看板娘』の作者が自殺。
 まだ34歳。若いのに。

 単行本持っていました。
 話のテンポがよくて、「笑い」が作られていて、好きな漫画でした。
 アニメにもなったし、連載もしていたし。なぜ自殺したんだろう。
 残念です。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

4次元について

『相対性理論の矛盾を解く』(原田稔著NHKブックス)P21
 物理学も数学も数値を扱いますが、数学に出てくる数値には単位がついていません。数学は「論理整合性」を命とするものですから、現実に縛られることはありません。つまり、理論の枠組みの中で矛盾が発生しなければよしとされます。しかし、物理学の場合、いかに理論整然と議論が展開されても、その結果が自然現象と少しでも矛盾するようであれば、学問として失格することになります。


 これを読んで思ったこと。
 いくら数学的に10次元、11次元が導き出されようとも、それは現実的(物理学)ではないと思う。

 私は4次元も信じていない。
 もし4次元が存在するならタイムマシンが作れるはずである。
 タイムマシンが作れるのであれば、1000年後、1万年後、1憶年後のタイムマシンが作られた時代から現代にやってきているはずである。

 次元とは何か?
 私たちが知覚する物質(客体)と、その知覚したものを記憶する私たちの脳・イメージは、その形式が違うのである。
 目の前にあるイスが、木材のまま脳の中に入るのではない。
 客体のイスは、知覚することで脳内でイメージ「イス」となる。
 ここに物体とイメージという形式の違いがある。その形式の違いが次元となる。
 客体のイスは3次元、イメージの「イス」は2次元。
 そしてマイナスの方向に演繹して1次元を作り、プラスの方向に演繹して10次元、100次元、100000次元を作り出す。脳内で。
 差異があるから演繹するのである。
 人間のつくりが、客体のイスがそのまま木材のまま脳に入るのであれば(アメーバ的な)、それは形式に差異はなく、1次元の思考であっただろう。演繹することはなく10次元なんて考えもしなかった。

 10次元や100次元や1次元は、結局はイメージなので2次元にすぎない。
 黒板に書いた数式や絵画なども脳内のイメージを表したものであるから、2次元である(脳内の2次元を3次元に表出している。2.5次元と言ったほうがいいか)。
 そういうことで、客体の3次元、イメージの2次元で世界(すべて)は成り立っている(+脳内のイメージを表出した物体(黒板の数式など)の2.5次元)。

 4次元など存在しない。それは2次元(2.5次元)に帰着する。
 点(1次元)、線(2次元)、立体(3次元)、4次元(時空)は、どれも脳内のイメージである。
 りんご1個を抽象化して数字の1を考える。
 りんごは物体(3次元)、数字の1はイメージ(2次元)。
 点、線、立体、時空も、この世界(3次元)を抽象化した、脳が作ったイメージ(2次元)である。
 それぞれの世界があるわけではない。

 「多元宇宙」があって「ワームホール」でつながっている、などと一部の物理学者は主張する。
 しかし、その多元宇宙も脳が作ったイメージであり、この世界とは別の世界があるわけではない。
 物理学者は、なぜ自分が多元宇宙なんて考えるのかわかっていないのだろう。
 この世界にあるもの(物質)と、それを知覚し記憶する脳の形式が違うからである。

 だから数学は2次元、物理学は3次元と言える。
 いくら数学的に多元宇宙が導き出されたとしてもそれは脳内でのことであり、この世界(3次元)に存在しなければ学問的に(物理学として)間違いである。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン