ボーダーブレイク・Ver2.5

 あ、今日、バージョンアップだった。
 なんかすっかり忘れてた。

 で、思ったよりも多くパーツの追加があって、カスタマイズ計算への反映が明日になりそう。
 ていうか、所持している素材と勲章で購入できるパーツを判定しているが、その判定が間違っていた。
 これはイカンな。致命的な間違いだ。

 そっか、バージョンアップすると新マップになるんだ。
 ウーハイBは好きなマップだから、もっと遊ぼうと思ってた。
 うーん。新マップになると迷ってしまうから、動画なんかで勉強してから、となるんだよね。

 ホビージャパンから『Ver2.5タクティカルガイド』が発売されるみたい。
 8月4日。2400円。
 なんかちょっと高いかな、という気もするし、8月にもなれば情報、出揃っている感じもするのだが、まあ、きっと買ってしまうだろう。

 とりあえず、突貫でカスタマイズ計算、直します。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

ボーダーブレイク・ウーハイB

 ウーハイB。
 開始直後から双方にワフトが用意されているマップ。
 ワフトで移動すると考えれば、ガチムチでもコア凸可能。

 4ptとコングシュートは前に書いたウーハイDと同じ。
 でも、対ワフトを考えればコングよりもMLRSのほうがいいと思う。ロックしたら必ず当るし。

 広域センサーはここらへん↓
bbmap07b-01.jpg
bbmap07b-02.jpg

 ベース内アンチ↓青い線のところがアンチ。まあ、単独コア凸の機会はあまりないが。
bbmap07b-03.jpg
bbmap07b-04.jpg

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

ボーダーブレイク・採掘島B

・給水塔の下にプラントがあり、そのプラントに侵攻用のカタパルトが設置されている。
・センサー普及前は、給水塔の上から光学迷彩を発動し、カタパルトに降下してスネークできたが、細長いマップのため、広域センサー1つでカバーされてしまう。
・コア凸はACを使い、センサーでバレている前提で、強攻する。施設破壊する暇があったら、41を1つでも入れておく。

・広域センサー↓
bbmap03b-01.jpg
bbmap03b-02.jpg

・コングシュート↓ベースまで308mの距離から。
bbmap03b-03.jpg
bbmap03b-04.jpg

 ↑B・Dプラントを取るまでが難しい。コングシュートには向かないマップ。

・4ptシュート↓
bbmap03b-05.jpg
bbmap03b-06.jpg

 ①高低差がないところからは121~125mの距離。
 ②高いところからは128~130mの距離。
 ③ベース外からは124~127mで、ジャンプ中に投げる。ジャンプの上昇中にボタンを押し、ジャンプの頂点で投げるモーションになる感じで。

 ④⑤は安置。
 ④は、リペアポッドとカタパルトの陰で弾を防ぐ。後ろの自動砲台は高いところにあるので、近くにいると弾を撃ってこない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

ボーダーブレイク

 現在、ロケテスト実施中。

 私がボーダーブレイクに調整してもらいたい点は、重火力と狙撃が必要とされていないところ。
 結局、強襲と2人ぐらいの広域センサー支援がいれば十分というゲームバランス。

 強襲が強すぎるのでは?
 サペスコに41手榴弾に魔剣にアサルトチャージャー。

 もうね、強襲は「強襲」と言うんだから、ACによるコア凸機体にして、プラント維持能力を下げる。
 具体的には、使い方が限定される41・魔剣はそのままで、主武器のサペスコの戦闘能力を下げる。
 サーペントは強すぎ・完成されすぎていて、いくら新しい武器が追加されても、それに乗り換える必要性がない。
 強襲のプラント維持能力が、オーバーヒートがある重火力、セントリの援護ありの狙撃と同じぐらいになったら、強襲の一人勝ちもなくなるのでは?と思うのだが。
 強襲がコア凸機体となり、強襲の戦闘能力が落ちれば、芋砂のベース防衛能力が上がるということで、芋砂にも人権が与えられるし、ベースの自動砲台を破壊しやすいニュード武器の利用価値も上がると思う。

 あと、重火力の武器が重すぎ。
 動きの速い重火力や支援がいてもバランスはとれると思うのだが。
 なんか重火力だと、どうしてもダッシュ能力が悪くなる。その意味はあるのか?
 動きの速さは装甲とのバーターにして、速かったらもろく、遅かったら硬くでいいじゃん、と思う。
 なんで、重火力は硬く(遅く)なければならない、と考えたんだろ?
 兵装によって重さに違いがあるのは、どの兵装にも乗り換え可能というゲームシステムに合っていない。

 まあ、とりあえず強襲使っておけ、というゲームシステムも分かるが。

 ↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

Excelでボーダーブレイクのカスタマイズ計算4

 重火力兵装の双門機関砲・怒竜が支給されましたね。
 でも、重すぎて使うことはなさそうだけど。

 あ、支援のロビン偵察機も支給されていた。
 バージョンアップまで追加なしかな、と思い込んでいて、ぜんぜんチェックしていなかった。

 で、カスタマイズ計算にこの2つを追加しました。→ダウンロードはこちら

 データの反映遅くなったけど、Excelだから、使っている人は自分でデータ追加したよね。
 『武器』シートで、適当な行をコピーして、「コピーしたセルを挿入」して、新しいデータを入力するだけ。
 『アセン』シートのドロップダウンリストのプロパティを変えるとか、そういう作業はない。
 新しいのをダウンロードしたら、また素材のデータ入力とかしないといけないから、素材データとか入力している古いものに武器データを追加するほうが楽。
 各自でデータを反映していってください、という投げやりな。

 で、前回まで各ドロップダウンリストのListRowsを指定していたが、今回アップしたものはListRowsを"0"にしてスクロールをなくした。
 自分の環境だとタスクバーでリストが隠れるからスクロールにしていたが、そういう人は少ないだろうなと。
 スクロールにする場合、「コントロールツールボックス」→「デザインモード」で、ドロップダウンリストを右クリックして「プロパティ」のListRowsの値を適当に設定してください。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン