新聞の衰退

 ↓『ダイアログニュース』朝日新聞、発行部数が5年で半減 新潮社「400万部を切ったとの噂」(2018年5月6日)
朝日新聞の発行部数が激減している。
新潮社のニュースサイトのデイリー新潮は5月6日、朝日新聞の社内事情を報じた。
同記事での朝日新聞OBの川村二郎氏によると、新聞の発行部数は「朝日が二月に公表した部数は五百万台だったが、社内では四百万部を切ったというのがもっぱらの噂だ」という。
朝日新聞社が公表した数値によると2017年3月期の朝日新聞朝刊の年間平均の発行部数は641万3000部だった。
400万部を切っていたとすれば公表値から実数は1年間で4割近く減少、この5年では半減したことになる。


 グローバリズムによって格差が拡大した。
 企業(経営者、資産家)が労働者の取り分を搾取する。
 労働者が困窮するのだから、商品は買われなくなる。

 企業から金をもらっているテレビが自由貿易拡大を主張するのは分かる。
 しかし、新聞は労働者が購入することで、広告媒体として成立する。
 新聞も「誰も読んでいなくても企業から広告費がもらえたらいいや」と、「押し紙」で発行部数を水増ししていたが。
 誰も読んでいないものに、企業は金を払わないだろう。
 自由貿易が拡大したら、新聞はその価値を失う。

 テレビと新聞では、商売の仕方が違う。
 企業にぶら下がっているテレビは安泰だが、労働者にぶら下がっている新聞は衰退する。
 新聞は、本来、労働者側に立たなければ商売が成り立たないのに、企業側に立って搾取のおこぼれをもらおうとしているから、誰にも相手にされなくなる。
 また、労働者を搾取している側である企業やテレビ局(及び、芸能人やアスリート)にはヘイトが向けられるだろう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

武田鉄矢「清潔なもの求めすぎている」

 どうでした?
 TBS『ビビット』での国分太一の泣き芸は?
 今日もキレッキレでした?
 なんで「グスングスン」泣くのか分からないんですが。
 4人での会見の松岡昌宏は、丸めたティッシュで涙をふくフリをして、ティッシュに刺激物を仕込んでいない?

 ↓『J-CASTニュース』武田鉄矢、日本社会は「清潔なもの求めすぎている」 TOKIOめぐる反応に苦言(2018/5/6)
2018年5月6日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、俳優で歌手の武田鉄矢さんが、TOKIOの山口達也メンバーによる女子高生への強制わいせつをめぐる世論に言及した。
武田さんは世の中の空気に「栄養がない」としたうえで、「清潔なものを求めすぎ」と、世間のあり方に苦言を呈した。


 いやいやいや。
 法律がそうなんですよ。
 それが不服なら、その法律を作った政治家に文句を言うべきで。

 というか。
 格差が拡大しているじゃないですか。
 会社(経営者、資本家)が労働者の取り分を搾取しているから格差が拡大する。

 そして商品の価格には、広告費分が上乗せされている。
 その広告費分がテレビ局や芸能人に支払われている。
 消費者が割高な商品を買わされ、それでテレビ局や芸能人が裕福な生活をしている。

 テレビ局や芸能人は、悪党(企業)側の人間。
 スポンサーから金をもらっているアスリートも同罪。
 労働者=消費者は、悪党(芸能人・アスリート)に「清潔なもの求めすぎている」が、それがイヤなら芸能人やアスリートをやめればいいじゃん。
 経済状況に合わせて社会が変化している。
 「清潔なもの求めすぎている」と言う武田鉄矢は昭和のまま。

 資本主義が行き過ぎて社会主義に向かっているのだろう。
 学費や医療費が無料な社会主義。
 でもそれを無料にしなければ労働者は生活できないほど不当に企業(資本家、経営者、芸能人、アスリート)に搾取されている。
 だから、企業側(資本家、経営者、芸能人、アスリート)に批判が向けられる。
 で。
 それはおかしいんじゃないか?と労働者が立ち上がり共産主義革命が起きる、と言ったのはカール・マルクス。
 まぁ私は暴力革命ではなく、保護貿易で行き過ぎた資本主義を是正するべきだと思うが。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

ロリコンモンスター

 ↓公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」から。
メディアは冗談でも前園真聖さんにお酒を勧めてはいけない・・・です(2018/05/01)
世間はいまだTOKIOの山口達也さんの件で持ちきりですが、先日あるワイドショーで、山口さんのアルコールの問題から、元Jリーグ選手の前園真聖さんにコメントを求め、さらには再飲酒を勧めるような、断酒を揶揄するような発言がありました。

前園さんに対し、メディアが度々飲酒をけしかけるような場面が目に余るので、これは本当に止めて欲しいと、強く申し上げたいと思います。

多分前園さんはアルコール依存症ではないと思いますが、けれども酔って暴行事件を起こしたということは、前園さんのお酒の飲み方に問題があったことには間違いありません。

前園さんの様に、正体を失うほど思いっきり飲むことをビンジドリンクと言います。
そして依存症問題とは別に、このビンジドリンカーによって、暴行事件や飲酒運転など社会問題は度々起きています。

ですからアルコール依存症者も断酒が基本ですけど、このビンジドリンカーも断酒することで、ご自分の人生を安全に守れるのです。何度も言っていますが、こういう問題は精神論ではどうにもなりません。

前園さんが、ご自身の問題を認め、きっぱりと断酒なさったことは非常に立派です。
このまま断酒を継続するべきです。


 前園真聖はアルコール依存症ではない。
 そうではなくて「意味もなく誰でもいいから殴りたい」という本性(無意識的な欲求)があって。
 でも普段は理性によって、それは抑えられている。
 しかしその欲求が強くなって抑えられなくなったら、理性のタガを外すために深酒して酩酊する。
 それで本能が解放され、「ステゴロの前園」が現れる。
 タクシー運転手を暴行するために、金を払わないで降りる。逮捕される。

 問題なのはアルコールではなくて、「誰でもいいから殴りたい」という本性のほう。
 アルコールを飲まなければ理性は保たれ、「ステゴロの前園」が現れることはないが。

 フジテレビの『ワイドナショー』で松本人志が前園真聖に飲酒をけしかけるのは。
 理性で隠しても、端々に現れる「ステゴロの前園」に、「殴りたいんだろ?」とやっているのだろう。
JOJO02.jpg

 ところで。
 私は「本性」とは言っているが、それは克服できるものだと思う。
 「人を殴りたい」とか「ロリコン」とか、何かをきっかけに、または時間とともに興味をなくすこともあるだろう。

 さて、話題のTOKIOの山口達也メンバー。
 事件をアルコールのせいにしているが、でも1か月も断酒していたのにアルコール依存症のわけがない。
 松岡昌宏も、医療機関でアルコール依存症と診断されていない、と言っている。

 山口達也の問題は、「未成年と性交がしたい」という本性だろう。
 もちろん山口達也も理性では、それはダメだと分かっているはず。
 その理性のタガを外すためにアルコールが必要になる。
 今回の事件の本質はアルコールではなく、ロリコン。

 山口達也も、前園真聖のように断酒して理性を保っていれば、今後、このような性犯罪は起こさないだろう。
 しかし、「性犯罪は再犯率が高い」と言われる。
 それは本性の問題だからだと思う。

 性犯罪の法律が去年の6月に改正された。
 それまでは親告罪で、示談によって被害者が告訴を取り下げれば犯罪自体が存在しなくなる。送検されなかった。
 しかし改正によって、示談があっても被害者の告訴に関係なく送検される。
 送検された後に「示談があるから」と起訴猶予になったりする。

 今回の山口達也の事件は、初めてとは思えない。
 法改正前は、事務所の力で、事件をもみ消してきたのではないのか?
 「ロリコンモンスター山口達也」を育ててきたのはジャニーズ事務所だと思う。
 山口達也の甘えの根源はジャニーズ事務所。

↓公益社団法人「ギャンブル依存症問題を考える会」代表、田中紀子氏のブログ「in a family way」から。
山口達也さんは日本のエミネムを目指して欲しいです(2018/04/29)
山口さんのこれからに必要なことは、
おそらく彼は依存症と思われるので、まずその自分の病気を認め、
病気の中にいた時に起こした、様々な狂気の出来事を正直に告白すること、
そして、それらの誤った行動に対し、可能な限り埋め合わせをすること、
といった自助グループで行われている、回復プログラムそのものだと思います。


 今回の事件は「未成年に対する性犯罪」なのに、この田中紀子氏はアルコール依存症としているのはズレているが。
 たしかに「自分の病気(ロリコン)を認め、告白すること」は、有効だと思う。
 でも「自分はロリコンモンスターです」と告白できるかと言ったら無理だと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

貴公俊暴行事件

 ↓『朝日新聞』貴公俊が休場 貴乃花親方が謝罪「暴力は事実」(2018年3月19日)
 大相撲の十両貴公俊(たかよしとし、20)が付け人に暴行した問題で、師匠の貴乃花親方(元横綱)が19日朝、京都府宇治市の貴乃花部屋宿舎で取材に応じた。「暴力をしたのは事実。本人に確認しました。申し訳ないことです。どんな理由であれ、暴力はあるまじき行為。反省以上のものをしないといけない」と謝罪した。

 あれ?っと思ったのは、なんで貴乃花は被害届を警察に出していないの?
 日馬富士のときは被害届を出したのに。
 今回と日馬富士のときでは何が違って、今回は被害届を出さないと判断したのか、それを貴乃花は説明しなければならないだろう。

 相撲協会は貴公俊にどのような処分を下すのか?
 日馬富士が「引退勧告相当」だった以上、同じ処分にしなければならないんじゃないの?
 もし違う処分になれば、それはなぜ違うのか、相撲協会は説明しなければならない。
 「日馬富士は横綱で、貴公俊は十両」みたいな説明なら、それは一般に受け入れられないんじゃないの?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

ガチンコ大相撲

 相撲協会と関係が悪くなった貴乃花は、もう新しい団体を作るしかないと思う。
 その新団体の名称は「ガチンコ大相撲」なんてどうだろう?
 女子アナが「ガ・チンコ大相撲」なんて連呼していたら、変な人気が出るかも。

 貴乃花が行いたい改革ってなんだろう?
 「デブの汚いケツを見てなにが楽しいんだ」と、まわしをやめるとか?

 貴乃花は「八百長相撲」ではなく、「ガチンコ相撲」のほうが好きなんだろう。
 でも、それを国民が求めているかは疑問で。
 総合格闘家・曙太郎だらけの相撲は面白いのか?
 相撲は神事でもあるから、流血もよろしくないと思う。

 「八百長相撲」の中で、一つの部屋が「ガチンコ相撲」というテイでやっていたら、そういうのが好きな人にはウケるだろう。
 でも、ガチンコばかりになったらケガ人も増えるだろうし、目をそむける人も出てくる。
 そんな凄惨なチンコ相撲になったら、相撲は国技として終わりだと思う。←「凄惨なチンコ相撲」ってなんだよ。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン