文在寅韓国大統領/米韓首脳会談

 ↓『Record china』米韓首脳会談、韓国新政権への疑念は払拭?「米国に伝えた考え実行すれば信頼関係深まる」と韓国紙(2017年7月1日)
2017年7月1日、米国のトランプ大統領と韓国の文在寅大統領の初めての首脳会談。特に文大統領にとっては韓国の新政権への米側の疑念を払拭(ふっしょく)できるかが課題だったが、両首脳は「同盟関係は地域安保の礎」で一致した。韓国紙は「米国に伝えた考えを具体的に実行すれば信頼関係は一層深まる」と注文している。

文大統領は6月28日に米国入りした後、首脳会談の成功に向けた“演出”に腐心してきた。例えば、在韓米軍への高高度迎撃ミサイル(THAAD)配備問題。追加分の環境影響評価のため本格運用が1年遅れる見通しになり、これを知ったトランプ氏が激怒したと報じられ、29日に会談したライアン下院議長からは「THAADに対する明確な考えを示してほしい」と“踏み絵”を迫られた。

これに対し、文大統領は「THAADは韓米同盟に基づいた合意であり、国民と在韓米軍の生命を保護するためのものだ。前政権の合意だからと言って、決して軽視することのないよう何度も公言してきた」と強調。「韓国は米国と同じ民主国家なので、民主的・手続き的な正当性は絶対に必要だ」と述べ、配備の遅れを釈明した。

米韓合同軍事演習についても同様。韓国の文正仁大統領統一外交安保特別補佐官は6月にワシントンで講演した際、文大統領が念頭に置いている案として「北朝鮮が核とミサイルの活動を中断するなら、米韓合同演習と朝鮮半島にある米国の戦略兵器の配備を縮小できる」と語り、米国内で波紋を広げていた。

文大統領は30日の講演で「北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を凍結することと引き換えに米韓軍事演習を中止することはできない」と否定。「北朝鮮に拘束されている米国人3人の解放も対話開始の『適切な条件』になり得る」などとも訴えた。

首脳会談後の共同記者会見で、トランプ大統領は北朝鮮について「忍耐の時期は終わった」とした上で、「外交や安全保障、経済的な手段によって同盟国と国民を守る」と明言。文大統領も「強力な安全保障だけが真の平和を可能にする」として、米韓同盟の重要性に改めて言及した。北朝鮮への対応をめぐっては圧力か対話かの「温度差」が懸念されていたが、双方は信頼関係の構築を取りあえず優先させた形だ。

今回の首脳会談に関して、保守系の朝鮮日報は社説で「文大統領が帰国後、米国に伝えた自らの考えを具体的に実行すれば、両国の信頼関係は一層深まり、同盟そのものの次元もさらに高まるだろう」と指摘。「文大統領もトランプ大統領も任期が始まったばかりであり、今後少なくとも4年は互いに協力していかねばならない」と論じている。(編集/日向)


 訪米前は勇ましかったムン・ジェイン大統領ですが。
 なんか「借りてきた猫」になってしまった印象。
 まぁあまり情報が出てきてないので、今後の推移を見なければならないのですが。

 結局、THAAD配備はどのぐらい待ってもらえたのだろう?
 中韓通貨スワップの期限である10月以降であれば、まずは通貨スワップの再延長→THAAD配備で何とかなるかもしれない。

 でも今月のG20で、ムン・ジェインは習近平と顔を合わせるはずだが?
 中韓通貨スワップがどうなるかが気になる。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

文在寅韓国大統領/米韓首脳会談

 ↓『産経ニュース』ホワイトハウスで夕食会 THAAD配備「撤回しない」(2017.6.30)
【ワシントン=加納宏幸】訪米中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月29日夕、トランプ米大統領がホワイトハウスで開いた夕食会に出席した。聯合ニュースによると、文氏は夕食会を前に下院指導部との会談で、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関する米韓合意を撤回する考えはないと表明した。
(中略)
 その一方で、「単に前政権が合意に達したからという理由だけで軽く扱うことはできない」と配備の遅れについて説明。韓国側の説明によると、米側から理解を得た。文氏は本格的な運用前に環境影響評価を実施するとした。ライアン氏は「米韓には協力すべきことが多い。北朝鮮がもたらす脅威など両国は懸念を共有している」と述べた。


 あまり情報が出てきませんね。
 トランプとの夕食会はビビンバだったとか。
 私もビビンバは大好きです。マジェマジェ。

 ムン・ジェインはTHAADの配備は認めるのだろう。
 しかし、その時期は環境影響評価を理由に先延ばしすると。

 中韓通貨スワップの期限は10月。
 THAADを配備したら、中国は通貨スワップの再延長は認めないだろうから、まずは中国との通貨スワップの延長をまとめるのだろう。
 そのあとにTHAADを配備する。
 まぁ、結果的に中国をだますということだから、アメリカとしては文句は出ないだろう。
 ムン・ジェインの訪米は大成功ということになる。

 でも、大丈夫なんですかね?
 中韓通貨スワップを延長したのに、そのあとにTHAADを配備されたら。
 中国さんがそれで納得するのか? 
 ちょっと、なんか心配してしまうんですが。

 まぁ、中韓通貨スワップを再延長してからTHAAD配備、なんてのは想定内。
 「プランB」としては、THAAD配備、中韓通貨スワップは終了。
 その代わりに日韓通貨スワップで借金の借り換え、と思っていたのですが。
 しかし、これも誰でも思いつく方法。
 もっと頭の悪い「プランC」を考えなければ。

 共産主義では、土地は国家のもの。
 もう韓国は、土地を中国に差し出せばいい。
 中韓通貨スワップの借金は返せません。その代わりに土地をあげます、って。
 そしたらTHAADを配備する土地も中国のもの。
 中国の承諾がなければTHAADを配備することができなくなる。
 これで韓国政府は、厄介な問題から解放されることになる。
 韓国政府はアメリカに「THAADを配備したいのなら中国と交渉しろ」と、中国に丸投げできる。
 韓国の土地は中国のものになるのだから在韓米軍も撤退することになり、北朝鮮にもほめてもらえる。
 徴兵制もなくなり、ムン・ジェインの支持率はさらにアップするだろう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

文在寅韓国大統領/米韓首脳会談

 ムン・ジェイン大統領がトランプ大統領と会談する。

 THAADや慰安婦合意では反米・反日。
 一方で、平昌冬季五輪での南北合同チームの提案など、北朝鮮に媚びる姿勢も見せている。
 これは「やらかしてくれるはず」と、期待せずにはいられない。

 結局、韓国は日本から金を引き出すしか方法がない。
 それができなければ、早くもレームダックになる。

 日本はアメリカの言いなりだから、ムン・ジェインはトランプのマウントを取ろうと(上位になろうと)するだろう。
 それができれば、ムン・ジェインは反トランプ派の英雄になれる。
 いくらでも日本から金を引っ張ることができる。
 しかし、
 ↓『聯合ニュース』トランプ氏 文大統領に破格の待遇へ=「最高のもてなし」(2017/06/28)
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ米大統領との首脳会談のため、28日(米東部時間)からの3泊、ワシントン・ホワイトハウス前にある迎賓館「ブレアハウス」に宿泊する。

 同館は米政府が外国首脳に提供する迎賓館。韓国の歴代大統領のうち、初訪米でブレアハウスに3泊以上宿泊するのは文大統領が初めてとされる。外交筋は「それほど米国政府が文大統領を手厚くもてなすという意味」と説明した。

 最近、ブレアハウスの利用に関する規定が厳しくなり、外国首脳が3泊以上宿泊する場合は極めてまれという。

 また、トランプ大統領が外国首脳夫妻を招き、ホワイトハウスで歓迎夕食会を行うのは文大統領が初めてとなる。トランプ大統領は就任後の4カ月間、外国首脳数十人を招待して会談を行ったが、ホワイトハウスで歓迎夕食会を開いたのはインドのモディ首相が唯一だった。ただ、夫妻の主催ではなかった。

 米政府は今回の首脳会談の調整で韓国側に対し、「最高のもてなしをする」との方針を数回にわたって強調したという。


 トランプのほうは、「おもてなし」だけで政治的な話をするつもりは無さそう。
 と、思ってしまうのは、
 ↓『the hankyoreh』文大統領「首脳会談でトランプ大統領との信頼を積む」( 2017.06.26)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26日、大統領府で駐米韓国大使経験者らとの懇談会を開き、「4日後にワシントンで開かれる韓米首脳会談で、具体的成果の導出よりは両国首脳間の信頼構築と韓米同盟強化に注力する」と明らかにした。

 ムン・ジェインが成果を期待していないようで。
 事前の接触では、芳しくなかったのだろう。

 しかし、トランプのマウントを取るのは無理だとしても、日本から金を引き出さないことにはどうにもならないから、慰安婦合意の撤回ではトランプの支持を取り付けたいだろう。
 撤回は無理だとしても、アメリカから圧力をかけて日韓通貨スワップとか。
 「何かが起きないわけがない」と期待してしまう。
 私でもムン・ジェインには期待してしまうのだから、 韓国での支持率の高さもうなずける。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

トランプ大統領/中東訪問

 今更ながら、5月20日からのトランプ大統領の中東訪問について。
 トランプはサウジアラビアに1100億ドル(約12兆円)分の武器を売却する契約に署名した。

 アメリカがサウジに武器を売る。
 これで割を食うのは、これまでサウジに武器を輸出していたドイツだろう。
 で、
 ↓『Newsweek』ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルーマニアなどの小国と(2017年5月25日)
<過去の戦争の反省か軍備増強はタブーだったはずのドイツが、ルーマニアやチェコやオランダなどドイツの「傘」が要る国と部隊統合をし始めた。目標はヨーロッパ統合軍だ>
「EU軍」の構想は、数年ごとに浮上しては論争を巻き起こす。それは夢の計画であると同時に厄介な難題でもある。ブリュッセルを中心としたEU(欧州連合)内の欧州統合推進派は、ヨーロッパの世界的地位を向上させるためには統合された防衛力が必要だと考えている。一方、ロンドンなど他の地域には、EU軍がいずれNATO(北大西洋条約機構)の対抗勢力になるのを警戒する声もある。
だが2017年に入り、ドイツとチェコ、ルーマニアが、実質的な「EU軍」の設立に向けた大きな動きを進めている。メディアは大きく取り上げなかったが、3カ国共同で兵力統合を発表する記者会見も行っている。この方法なら、EU軍創設について回る果てしない論争や官僚主義を回避できる。


 アンゲラ・メルケル首相は、NATOに代わる(アメリカ抜きの)EU軍を作って、そこに武器を売りたいのだろう。
 サウジが武器を買ってくれなくなるから。

 秋にはドイツで選挙が行われる。
 過半数を取れなければメルケルは退陣。
 軍需産業の支持を得るための「EU軍」構想だろう。

 そういうことで、トランプのサウジへの武器売却は、メルケルへのけん制という側面もあったと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

トランプ大統領/統一教会

 ↓『産経ニュース』トランプ氏次男の疑惑捜査 NY検察、財団で不正か(2017.6.12)
 トランプ米大統領の次男、エリック・トランプ氏の財団が、チャリティーのゴルフ大会の開催に絡み、参加者から集めた寄付金から120万ドル(約1億3000万円)以上を会場使用料として不正にファミリー企業に支払っていた疑惑が浮上し、ニューヨーク州の検察当局が12日までに捜査を始めた。ロイター通信が伝えた。

 疑惑を最初に報じた経済誌フォーブスなどによると、エリック氏の財団は、子供病院への寄付を募る大会を毎年開催。参加者には、会場のゴルフ場を所有する企業トランプ・オーガニゼーションが使用料を負担すると説明していたが、ここ数年は財団から同社に使用料が支払われていた。

 また、財団から病院に支払われた寄付のうち、50万ドル以上が病院からほかの慈善団体に寄付されたことも判明。寄付先の大半がトランプ家の関連団体だったという。(共同)


 たしか、このエリック・トランプと統一教会がつながっているはず。
 ↓『やや日刊カルト新聞』統一教会(家庭連合)教祖の息子、トランプ勝利に大喜び(2016年11月14日)
アメリカのサイト『HOW WELL DO YOU KNOW YOUR MOON?』が、米共和党大統領候補ドナルド・トランプの勝利に大喜びする文亨進と文国進の写真を掲載している。

この教祖の息子二人は教祖・文鮮明の死後、教団主流派を牛耳る母親・韓鶴子から共に放擲されており、亨進が開いたサンクチュアリ教会に国進が経済支援を行なう関係だ。

本紙で報じた様に、トランプの次男エリックと両兄弟は昵懇の関係であり、全米ライフル協会が支持するトランプの当選は国進が経営する銃器製造販売会社KAHR Arms社にも更なる特需を齎すと見られている。

政権移行チームの一員となったエリック・トランプ。新たな政権の庇護の下で亨進のサンクチュアリ教会や国進の銃器製造販売会社がどう発展を遂げるかも注目される。(文中敬称略)


 安倍晋三がトランプタワーでトランプ大統領と会談したのも、この人脈によるものだったと言われている。
 エリック・トランプが失脚したら、安倍政権にもダメージになるのかなぁ、と思って注目している。
 でも、慈善事業という商売はそういうものだ、とも思うけど。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン