消費税増税

 1か月前の4月18日に日米首脳会談がありましたが。
 面倒くさくて後回しにしてきた日米間の経済問題を書いてみる。

 ↓『MSN』カメラの前で圧力 「トランプ流」に屈した安倍首相、貿易協議に同意(2018/04/19)
 トランプ氏は、対日貿易赤字が膨らんでいることを重ねて指摘。日本からの旅客機や戦闘機の注文が赤字削減につながる可能性があると述べながら、続いて不公平な貿易慣行を強く非難した。
「『互恵的』というのは、こういうことだ。日本が車を(米国に)入荷させるとき、米国は関税を課すが、わが国が日本に車を輸出しようとすると、それは認められていない。われわれはこの障壁を取り除き、同じように関税を払わなければならない」とトランプ氏は語った。


 ちょっと意味が分かりませんね。
 日本がアメリカに車を輸出するとき、アメリカは日本車に関税をかける。
 アメリカ国内では日本車は割高になるので、アメリカ車が保護される。
 しかし、アメリカが日本に車を輸出するとき、日本はアメリカ車に関税をかけていない。
 これだとアメリカに有利な貿易になっているはず。

 ↓『産経ニュース』「日本では米国車の関税はゼロなのに…」 トランプ氏の対日貿易「不公平」批判に日本メーカー困惑(2017.1.24)
 トランプ米大統領が日本との自動車貿易を不公平と批判したことに対し、日本の自動車メーカーには戸惑いが広がる。日本からの対米自動車輸出には2・5%の関税が課せられる半面、米国からの対日輸出の関税は既にゼロで、やり玉に挙げられる根拠に乏しいからだ。
 「日本では米国の自動車に関税がまったくかからない。関税以外の部分でも日本車と何ら差別的な取り扱いはしていない」。世耕弘成経済産業相は24日の記者会見でトランプ氏の批判にこう反論した。

 これは1年前のニュースだが、世耕弘成も「困っちゃう」と言っている。

 トランプは何を問題にしているのか?
 日本の輸出企業が消費税の還付を受けていることだろう。

 車屋は部品屋から部品を買っているが、そのときに消費税を払っている。
 そして車屋がアメリカで車を売ったときは、それまで払った消費税を国から返してもらえる。
 だから輸出企業は、その還付を見込んでもっと安い価格で販売することができる。
 消費税が輸出企業に対する補助金になっている。
 アメリカ市場で、アメリカ車は補助金を受けていないが、日本車は補助金を受けている。
 これをトランプは「不公平」と批判しているのだろう。
 アメリカでは消費税はない。
 日本の輸出企業が不当な補助金を受けているせいで、アメリカの産業が疲弊している。
 そもそも消費税は、フランス政府がルノーに補助金を与えるために考えたものらしい。

 日本の消費税は8%。
 韓国は10%。
 ドイツは19%。
 フランスは20%。
 経団連は「消費税を10%にしろ」と言っていて、安倍晋三も「10%にする」と言っている。
 その10%というのは、韓国の消費税に合わせたものだろう。
 アメリカ市場で、韓国の輸出企業は2%分、日本企業よりも有利な競争をしている。
 その不利をなくすための消費税増税。
 消費税増税は輸出企業への補助金でしかない。
 OECD(経済協力開発機構)は、「日本の消費税は19%にしろ」と言っているが、それはドイツに合わせるためだろう。
 で、この消費税=補助金競争で、国内市場を食い荒らされているアメリカが「ふざけんな」とご立腹。
 トランプは、「アメリカの友好国が最悪の敵」と言っている。

 ↓『日本経済新聞』国の借金、1087兆円に増加 3月末、国民1人当たり859万円(2018/5/10)
 財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が3月末時点で1087兆8130億円になったと発表した。長期国債の残高増加が影響した。2017年12月末と比べ2兆593億円増え、過去最高を更新した。18年4月1日時点の総務省の人口推計(1億2653万人、概算値)で単純計算すると、国民1人当たり約859万円の借金を抱えていることになる。

 財務省が消費税を10%にしたいから無駄遣いしているだけで。
 「国民1人当たりの借金が」と煽っていれば、国民が危機感を持って消費税増税を受け入れると思っているのだろう。
 「財政が危ないから消費税増税」ではなく、輸出企業に補助金を与えたいから消費税増税。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

黒田日銀総裁、再任

 なんか、何もする気力がない。
 もう酒を飲むことさえ面倒くさくなっていて。
 「このままでは何もできないダメ人間になってしまう」と、週一の飲酒だけは維持したいところ。←ツッコミすら面倒くさい。

 ↓『朝日新聞DIGITAL』黒田日銀総裁、続投へ 「守り」の金融政策に陥る懸念(2018年2月17日)
 4月の任期切れが迫っていた、日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁を再任する人事案が提示された。安倍政権は株式市場や債券市場の高値を支える今の金融政策の続行を望んでおり、黒田日銀の継続を決めた。異次元緩和の行き詰まりははっきりしてきているが、路線転換も出口戦略への移行もとうぶんは期待できない見通しだ。
 73歳と高齢の黒田氏が5年任期の日銀総裁に再任されるのは異例と言っていい。安倍政権は年齢のリスクを考慮しても、日銀のいまの体制・路線を変えないことを重視したようだ。


 黒田東彦は物価を上げることを公約にしていたはずだが。

 物価を上げるなんて簡単なこと。
 自由貿易をやめればいい。

 たとえば。
 キャベツが不作だったら、キャベツの値段が上がって、物価が上がるじゃん。
 供給が減少すれば物価は上がる。
 逆に、物価が上がらないということは、供給が過剰なんです。
 これは経済学者なら誰でも認めることだろう。

 自由貿易を制限すれば、物価は上がる。
 人件費が安い中国に加え、旧ソ連圏を含むEUと貿易をしていては、その安い水準に合わせて価格が決定される以上、物価は上がらない。

 学費や医療が無料なんて社会主義じゃん。
 そんな社会主義のEUと貿易するなんて、旧ソ連と貿易するようなもの。
 旧ソ連と貿易したら、価格競争力で勝負になるわけがないじゃん。
 旧ソ連とは貿易しなかったのに、なぜEUと貿易するのか意味が分からない。
 統一ドイツは「自分は東ドイツじゃないよ。西ドイツだよ」みたいな顔をしているが、アンゲラ・メルケルは東ドイツの政治家じゃん。

 資本主義の行く先は社会主義。
 と言ったのは、カール・マルクスだっけ?
 資本家が自分の取り分を最大化にするために、労働者への給料を減らして(移民という安い労働力を使って)、学費や医療を無料にする。
 「学費や医療が無料ならいいじゃん」と思うかもしれないが、その分は本来、労働者の給料として払われていたはずの金。
 その金が資本家に搾取されている。
 資本家にとって、学費や医療を無料にするほうが安上がり。自分の取り分が増える。

 行き過ぎた自由貿易を是正するだけで、ほとんどの経済問題は解決されると思うんだけど。
 人手不足も、待機児童も、通勤ラッシュも、経済格差も解決できるよ。
 株価は下がるから年金がどうなるかは知らない。
 
 とは言え、アメリカはもちろん、中国とも貿易をやめることはできないだろう。
 日本の貿易相手の中で比較的影響がないのがEU。
 いや、別にヨーロッパ人が嫌いなわけではないから、観光や映画や音楽やゲームといったソフト産業は交流してもいいだろう。
 でも、ハード的な製品は、両国の労働者のためにならないからブロックするべきだと思う。
 とは思うんだけど、まぁ無理だろう、とも思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

中韓通貨スワップ/延長合意

 ↓『NHK NEWS WEB』中韓 通貨スワップ協定延長で合意 関係改善につながるか(10月13日)
韓国は、中国との間で今月10日に期限を迎えた緊急時に通貨を融通し合う「通貨スワップ協定」について、さらに3年間延長することで合意したと発表し、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国への配備をめぐって冷え込んでいる両国関係の改善につながるのか注目されています。
中国と韓国は、金融市場の混乱などによって外貨が不足した場合に備えて緊急時に通貨を融通し合う「通貨スワップ協定」を2009年に結び、2回にわたって延長してきましたが、今月10日に3度目の期限を迎え、延長をめぐって協議を続けていました。
これについて、韓国の中央銀行、韓国銀行は13日、中国側との間で「通貨スワップ協定」をさらに3年間延長することで合意したと発表しました。


 韓国大勝利。
 これ、これからも延長され続けるんじゃないの?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

中韓通貨スワップ

 ↓『NHK NEWS WEB』中韓の通貨スワップ協定が期限切れ THAAD配備が影響か(10月11日)
中国と韓国が緊急時に通貨を融通しあう「通貨スワップ協定」は延長協議がまとまらないまま期限を迎え、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステム、「THAAD」の韓国への配備に中国が反発していることの影響と見られます。

 10日が期限の中韓通貨スワップ。
 一応、終了は終了らしい。

 ↓『中央日報』韓中通貨スワップ、事実上延長に合意(2017年10月10日)
韓国銀行と中国人民銀行がきょう10日で満期を迎える韓中通貨スワップ延長に事実上合意したと、北京の消息筋が9日、明らかにした。匿名を求めたこの消息筋は「韓国銀行と企画財政部関係者が韓中両国の連休前である先月下旬に訪中し、中国の中央銀行である人民銀行と通貨スワップ問題をめぐって協議した結果、現行の協定を維持することで合意した」とし「満期当日である10日にも両国金融当局間チャンネルを通じて最終手続きと日程を話し合う予定」と伝えた。
この関係者は「金融当局者間の合意にもかかわらず、習近平国家主席ら中国指導部による最終承認までにはまだ不透明な要素が残っている」と述べた。韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁もこの日、「新規交渉か再延長かは重要ではない」とし「(通貨スワップに関連して)個別に言及するのは不適切」と述べた。与党の高位関係者は「韓中通貨スワップ断絶という危機は越えた状況」と述べた。


 これまでの6兆円規模の通貨スワップは終了なんだけど、新たにまた通貨スワップを結ぶかもしれない。
 その判断をするのは習近平。
 しかし習近平は、18日の党大会に向けて、それどころではないだろう。
 中国党大会後に新規の通貨スワップが結ばれるだろう、と韓国メディア。

 為替で目立った動きがないことからも、これまでの通貨スワップの清算は行われていないと思う。
 交換していたウォンと元はそのまま。
 もしそうなら、事実上、延長していて。

 通貨スワップ。
 韓国が中国にモノを売る。
 中国人は中国元で韓国製品を買う。
 韓国企業は手に入れた元をドルに替えて、さらにそのドルを韓国ウォンに替えて、韓国人労働者に給料を払う。
 ウォンと元の直接の取引はなく、ドルを介して行っている。ドルは基軸通貨。

 しかし金融危機になるとドルの入手が困難になる。
 韓国企業や中国企業は決済ができなくなる。
 貿易がストップしてしまう。
 ドルがなくてもそうならないように、あらかじめ韓国は元を、中国はウォンを入手しておく。通貨スワップ。
 そして通貨危機が起きたらドルを使わずに、中国は韓国企業に通貨スワップのウォンで支払う。

 というのが、その昔、『2ちゃんねる』で得た知識による私の理解。
 通貨スワップなんて、そんなに意味ないでしょ?
 金融危機が起きる気配はないし。
 それなのに、なんで韓国は必死なんだよ?という疑問。
 手に入れた元をドルに替えて使いこんでいるんじゃないか?という疑惑も『2ちゃんねる』で言われていた。
 もしそうなら面白いのに。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

プレミアムフライデー



 今年から、月末土曜は出勤日になりました。
 「プレミアムフライデー」ってなんですか?

 いや、プレミアムフライデーはいいんですが。
 その前に、EUとの貿易をやめてみたら?
 日銀は「あらゆる手段を講じる」って言ってなかったっけ?
 失業率が上昇して、給料が上がって、物価が上がるから。 

 必要のない企業が倒産する。
 人手不足が解消される。
 選別に生き残った企業の給料は上がる。
 専業主婦が増える。
 保育園や介護施設が必要なくなる。
 たいていの問題は解消できるから。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン