森友学園問題/辻元清美

 森友学園問題でダークホースが出てきました。
 民進党の辻元清美。

 公開された安倍昭恵と籠池夫人とのメールの中にその名前があった。
 辻元清美が手下を作業員として潜り込ませた疑惑。

 いや、それよりも。
 2010年。森友学園(瑞穂の国記念小学院)の隣の国有地14億円が2000万円で豊中市に売却され、野田中央公園になったらしい。
 2010年は民主党が政権をとった年。
 このときの国交副大臣が辻元清美。
 民主党政権に変わったから、辻元清美の関与があったから、国有地が格安で売却されたのか?
 籠池メールにあった「関西地区生コン支部」。
 これが野田中央公園に関わっているのか?

 「関西地区生コン支部」で検索すると、武健一という名前が出てくる。
 この武健一氏が辻元清美に献金している、とか。

 辻元清美と言えば「ピースボート」の設立者。
 2013年に、ピースボートの乗客が大麻所持で逮捕されている。
 本人は「ジャマイカで買った」としているが。

 ピースボートは何回も北朝鮮に渡航している。
 北朝鮮の最大の輸出品は、大麻や覚せい剤。
 ピースボートが世界一周をしているのは、北朝鮮産の薬物を密輸するため。だったら面白いのに。

 閑話休題。
 森友学園問題で名前が挙がっているのは、安倍晋三、松井一郎、辻元清美。
 安倍晋三と松井一郎には直接の関与は無さそう。
 辻元清美はどうだろう?
 2010年に国交大臣だった前原誠司は?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

森友学園問題

 籠池泰典氏の証人喚問が行われたようですが。
 誰が勝ったの?
 勝利条件が分からない。

 籠池氏って、宗教団体「生長の家」系なの?
 だから同じ系統の稲田朋美も仲良しとして名前が挙がっているの?

 生長の家は去年の参院選で、自民党から造反した。
 そこらへんが絡んでいるの?

 籠池氏は松井一郎大阪府知事を恨んでいるようだが。
 前大阪府知事の橋下徹は絡んでいないの?
 籠池氏は2011年に学校の設置認可基準の緩和を求めた。
 橋下徹は2011年11月まで大阪府知事。
 松井一郎が関わっていないと言うなら、ハシゴをかけたのは橋下徹ではないのか?
 で、生長の家が造反したから、それに属する籠池氏のハシゴが外された。

 籠池氏の財務状況が気になる。
 2011年の認可基準緩和は、借金でも開校できるようにするもの。
 小学校建設のために、億単位の借金をしているんじゃないの?
 それが開校できなくなって、松井一郎を恨んでいる。

 次の衆院選。
 生長の家の造反で、稲田朋美はどうするんだろう?
 支援団体なしで選挙ができるのか?
 生長の家にくっついて、民進党とか小池新党に加わるのか?
 それとも生長の家とは縁を切って、安倍派になるのか?
 次の衆院選は支援団体なしでの選挙になるから、顔を売るために防衛大臣になったのかもしれない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

小池百合子都知事/豊洲問題

 築地市場の関係者は、家賃が高い豊洲市場に移りたくない。

 豊洲市場は不衛生な築地市場よりも安全。
 予定されていた開場を延期しているのは小池百合子。
 遅らせていることで生じる損失は小池百合子の責任。

 豊洲市場の安全性。
 コンクリートで建てて水道水を使えば、安全性は満たされる。
 地下水のモニタリングなんて、ただの茶番。
 安全対策なんて必要ない。
 普通に建物を建てるだけで安全性は満たされる。

 それなのに安全対策として税金が支出された。
 「安心」という名目での架空請求詐欺。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

小池百合子都知事/豊洲問題

 ↓『NHK NEWS WEB』安倍首相「公明党抜きで勝負するいい機会だ」(3月14日)
安倍総理大臣は自民党の二階幹事長と会談し、7月の東京都議会議員選挙で、公明党が、小池知事が率いる都民ファーストの会と選挙協力を行うことを踏まえ、「公明党抜きで勝負するいい機会だ」と述べ、党をあげて選挙戦に臨むことを確認しました。

 公明党抜きで都議選に勝てる算段ができたのだろう。

 豊洲問題は小池百合子の敗戦になりそう。
 「東京五輪」に続き2敗目。
 「ひっかきまわすだけの無能」は、師匠の小沢一郎譲りか。
 豊洲問題は「石原慎太郎問題」にすりかえてごまかすしかないだろう。

 ただ、それでも自民党は都議選で勝てるのか?
 組織票が自民党から離れているんじゃないか?と思うのだが。

 ↓『産経ニュース』「安心のため法令以上の措置」 豊洲市場の安全性…小池氏が都議会自民と論戦(2017.3.14)
 東京都議会の自民党は14日に開かれた都議会予算特別委員会で、小池百合子知事に対して築地市場(中央区)、豊洲市場(江東区)の安全性をめぐる論戦を仕掛けた。築地から豊洲への移転推進の立場をとる自民は、豊洲が法令上の土壌汚染対策が実施されていることを強調したが、小池氏は豊洲の整備方針で法令以上の対策が決まっていたことを挙げて「それを徹底していく」と反論。議論は平行線に終わった。
 特別委で自民の崎山知尚議員は、小池氏がこれまでに築地の土壌汚染の恐れに関して「コンクリートなどで覆われ、法令上の問題はない」と発言したことに言及。豊洲もコンクリートで覆われるなどし、法令上の基準を満たしているという都幹部の答弁を引き出し、「豊洲は法令上の問題をクリアしているのか。イエスかノーか」と迫った。
 小池氏は「安心のために法令を上回る措置を講じるというのが議会、都庁で決めたことだ」と指摘し、「それを徹底し、信頼を確保しようというのが私の決意だ」と答弁した。
 また、崎山氏は築地について建物6棟の耐震不足や、大雨時にマンホールから水があふれるなどの老朽化を指摘。売り場が外部から遮断されていない「開放型」の市場でネズミなどが確認されているとし、安全・安心について見解を求めた。
 小池氏は「さまざまな課題を抱えているが安全と考えている。長年にわたって勝ち得た築地ブランドという安心もある」と強調した。


 都議側は、耐震性、老朽化、ネズミなどの問題から、豊洲のほうがより安全だろう、と。
 これに対して小池百合子は「築地も豊洲も安全性は満たされている」と認識しているが、「豊洲は安全ではあるが安心できない」と。
 「福島産のコメは安全だが安心できない」という理屈。

 「安心」というのは気分の問題だから安全基準があるわけで。
 安全基準は満たしているのに安心できないと言われれば「つける薬がない」と思うしかない。

 そもそも豊洲問題って。
 築地より狭いのに家賃が高い、というのが問題だったはず。
 バカに話を持っていくと、あさっての方向に話が進む。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

共産主義

 ↓『しんぶん赤旗』第27回党大会にたいする中央委員会報告 幹部会委員長 志位和夫(2017年1月17日)
日本共産党がめざす将来の社会像をめぐって

 いま一つは、それでも、将来像一般ではなく、日本共産党が、社会主義・共産主義を将来像としていることを、特別に問題にする議論もあります。「将来的にではあれ、共産主義をめざす政党とは、党名や綱領を変えない限り共闘はできない」という議論であります。こうした議論に対しては、次の三つの点を表明しておきたいと思います。

 第一に、私たちは、社会の進歩は、一歩一歩、階段をあがるように、段階的に発展するという立場に立っています。そして、日本社会がいま求めているのは、社会主義・共産主義でなく、「資本主義の枠内での民主的改革」であることを綱領に明記しています。

 同時に、私たちは、資本主義の社会が、人類の到達した最後の社会ではないという認識をもっています。すなわち、将来の展望として、日本の社会が、資本主義社会を乗り越え、社会主義・共産主義の社会へと前進していくだろうという見通しをもっています。


 「日本の社会が、資本主義社会を乗り越え、社会主義・共産主義の社会へと前進していくだろう」
 前進って言うかね。
 搾取がひどくなるに従って、資本主義が社会主義・共産主義に変わっていくんだと思うよ。

私たちのめざす未来社会――社会主義・共産主義の日本は、崩壊した旧ソ連のような体制とはまったく異なり、「人間の解放、人間の自由」を最大の特徴とする社会であります。私たちの綱領では、「民主主義と自由の成果をはじめ、資本主義時代の価値ある成果のすべてが、受けつがれ、いっそう発展させられる」、「さまざまな思想・信条の自由、反対政党を含む政治活動の自由は厳格に保障される」などの諸点が明記されています。

 共産党が目指す共産主義社会が明示されていない。
 本体が示されていないのに、「成果のすべてが、受けつがれ、いっそう発展させられる」「自由は厳格に保障される」と言われても。

 まず共産党員だけで、その共産主義社会というものを実践してみたら?
 共産党員の給料振り込みの口座を一つにして、それを全員で配分とかしてみたら?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン