科学の前提

 涼しい日も増えてきました。
 秋ですね。
 なんか読書でもしたくなってきた、そんな気分。

 以前、↓こんなことを聞かれていた。
カテ違いで申し訳ありませんが、見つけたコメント、どのように思われますか。
① 『物質(原子)は誰が作ったのか』

 物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者での構成しか存在せず、生成過程で発生するはずの「多様性」が無いのは不自然です。

 原子は規則性や法則性に支配されますが、自然や偶然で規則性や法則性まで作れるものでしょうか。

 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)は放射線を放射しますが、自然や偶然で放射線を作れますか、膨大なエネルギーを内包できますか。

② 『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、肉眼で見えない微細なものが1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧なもので、自己修復機能まで有します。

 こんなものが自然や偶然に出来るものでしょうか。

③ 宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえに、「未詳の存在」が人間や様々なものを作り出した可能性は否定されるものでしょうか。

④ 『今の世界は虚構であり、私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしているのであり、本当の自分は「遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は成り立つでしょうか。

 (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。


 これは、この書き込みをした「どう思われますか」さんの意見ではなく、第三者の考えを私に丸投げした形ですね。
 アル中でわけわかんなくなっているのに「めんどくせーな」と思って、分かりにくいレスをしましたが。
 もっと分かりにくい答えをするなら。
 釈迦は弟子に「宇宙はどうなっているのか」と問われ、「宇宙は自分の中にある」みたいに答えたと、何かで読んだ記憶が。
 カントの「モノ自体は知りえない」という考えですね。

 科学はモノ自体を解明しているわけではありません。
 観察したモノを「人間の思考形式」で解釈しているだけです。
 科学的に「真理」と言われているものでも、ただの人間的な解釈にすぎない以上、すべては仮説です。

 ①~④の質問者は、科学はモノ自体を解明していると考えていて、そのモノ自体が人間の思考形式に合致していることに驚いているように見えます。

 これを、もっとわかりやすく説明しているサイトがあった。
 ↓『webちくま』はじめての哲学的思考 第3回 科学とは何がちがうの?(苫野一徳)
 僕たちの多くは、ふだん、世界は科学的な法則に支配されていると思い込んでいる。天体法則とか人体のメカニズムとか、脳の働きとかDNAの仕組みとか、そういった“事実”こそが先にあるのであって、“意味”は、そうした事実に人間があとからくっつけたものだと考えている。
 でも、事態はまるっきり逆なのだ。
 というのも、いわゆる“事実”は、僕たちの「意味の世界」のアンテナにひっかからないかぎり、決して“事実”として認識されることがないからだ。
 たとえば、天体法則という“事実”が存在するのは、僕たちがこの法則に“意味”を見出しているからだ。
(中略)
 いやいや、それはそうかもしれないけど……と、まだ腑に落ちない方も多いだろう。
 たしかに、“事実”は僕たちの“意味”のアンテナにとらえられないかぎり、僕たちにとって存在しないのかもしれない。でも、たとえそうだったとしても、天体法則はやっぱり客観的に存在するし、DNAは太古の昔から二重らせん構造をなしていたんじゃないの? つまり、科学的な事実は、人間がいようがいまいが、やっぱり客観的な事実と言えるんじゃないの?
 ――そう思う人もいるだろう。
 でもそれは本当だろうか?
 極端な話をすれば、もしも人類よりはるかに知能が進んだ宇宙人がいたとしたら、彼らの住む「事実の世界」は、僕たちの世界とは大きく異なっているだろう。三次元や四次元どころか、彼らは二十次元くらいの世界に生きているかもしれない。その世界では、DNAは二重らせん構造をなしていないかもしれないし、時間だって存在していないかもしれない。
 いや、そんなとっぴな例を持ち出さなくても、もっと身近な、たとえば犬やネコやカラスなんかを考えてみてもいい。
 犬やネコは、人間のようには色が認識できないと言われている。一方カラスは、人間には認識できない紫外線を認識できるという。だから、どうやらお互いを黒色とは認識していないらしい。
 要するに、犬やネコやカラスは、僕たちにとっての「事実の世界」と、いくらか異なった世界を生きているのだ。
 それはつまり、僕たちもまた、「僕たちにとっての事実の世界」をしか生きられないということだ。
(中略)
 僕たちは、僕たちの「意味の世界」に照らし出されたかぎりにおいてしか、「事実の世界」を知ることはできないのだ。
 無色透明な「事実の世界」(客観的な真理)なんて、僕たちは決して知りえない。それはいつも、僕たちの「意味の世界」の色を帯びているのだ。
 これが、「意味の世界」は「事実の世界」に原理的に先立つということの意味だ。


↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

地球温暖化

 あれ?
 今週にもトランプ大統領が気候変動対策撤廃の大統領令を出すと『ロイター』が報じたのだが。
 まだですか?
 それとも、これも偽ニュースなんですか?
 というよりも政権内で賛否が分かれているのだろう。
 先月だったか、「クシュナーとイヴァンカが気候変動対策撤廃に反対している」という記事も出ていた。
 でも、これは大統領選で公約に掲げていたものだから、実行するものと思っていたが。

 季節とは気温の変化です。暑いのが夏で、寒いのが冬。
 なぜ季節(気温)は変わるのかと言えば、地軸が傾いているからです。
 で、『ウィキペディア』の「ミランコビッチ・サイクル」によれば、地軸の傾きは周期的に変化しているらしい。
 だったら気候が変動するのは当たり前のことじゃん。
 北極が寒くて赤道が暑いのは太陽の光が当たる角度の問題なのだから、地軸の傾きが変化しているのであれば太陽の光が当たる角度も変わってきて、気候も変化する。

 ↓『産経ニュース』温暖化理論を破綻させた「南極の氷増加」 科学者も困惑…海面上昇の原因はどこに…(2015.11.30)
 地球温暖化の影響で減少し続けているとされてきた南極の氷が、実は増えていたことが米航空宇宙局(NASA)の観測結果で分かった。

 北半球が夏なら、南半球は冬。これも地軸が傾いているから。
 地軸の傾きが大きくなって、北半球が猛暑なら、南半球は極寒。
 南極の氷は増える。
 で、半年後。北半球が極寒になれば、南半球は猛暑。
 南極の氷は解ける。おなじみの映像。
 「地軸の傾きの変化」なら、簡単に説明できる。

 「地球温暖化」と言っている人たちも、冬が寒くなっていることは認めるだろう。
 「海流がどうとか」で、「温暖化によって冬はかえって寒くなる」なんて言っていたはず。
 夏はより暑く、冬はより寒くなっている。
 季節差が大きくなっている。
 これは「温暖化」と言うよりも「極端化」と言うほうが正しいだろう。
 気候の極端化であれば、「地軸の傾きが大きくなっている」で説明できる。
 「地軸の傾きが大きくなったら気候は極端化する」に異を唱える人はいないだろう。

 テレビで見た記憶があるが。たしか武田邦彦だったと思う。
 「CO2が増えているのは、気温の上昇によって海水中のCO2が大気に放出されているからであって、CO2によって気温が上昇しているのではない」と。
 観測上、CO2が増えているのは結果であって原因ではない。
 私もそう思う。
 地軸の傾きの変化によって猛暑になっているからCO2が増えた。

 「地球温暖化」とか言っている人は、まずミランコビッチ・サイクルが間違っていることを証明した上で主張するべきでは?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

地球温暖化

 ↓『ロイター』トランプ氏が気候変動対策撤廃、来週にも大統領令署名=当局者(2017年 03月 2日)
[1日 ロイター] - トランプ米大統領は来週にも、連邦所有地における石炭の新規掘削禁止など、オバマ前政権時代の気候変動対策を撤廃する大統領令に署名する見通しだ。米ホワイトハウス当局者が明らかにした。
その当局者は「大統領令には、石炭開発向けの連邦所有地リース停止の廃止に加え、『クリーンパワープラン』関連など他にも多くの内容が含まれる」とした。
クリーンパワープランとはオバマ前大統領が気候変動対策の柱として導入したもので、州に二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けた。


 トランプ大統領は石炭産業の復活を公約に掲げていたが、それを実行するのだろう。

 「地球は温暖化している」と言われている。
 その原因が二酸化炭素で、その温室効果によるものだ、と。

 「今、二酸化炭素の排出を減らさなければ、将来、地球はどうなってしまうんだろう?」
 そのような不安から、気候変動対策撤廃に対して批判が出てくると思われる。

 しかし、本当に温暖化の原因は温室効果ガス(二酸化炭素)なのか?

 中学校での理科を思い出してほしい。
 なぜ季節(気温)が変化するのか?と言えば、地球の地軸が傾いているから。
 地球儀のように、23.4度傾いている。

 もし地軸が傾いていなかったら、気温の変化はなく、季節の変化もない。一年を通して一定の気温。
 しかし地軸の傾きが大きくなるほど、夏はより暑く、冬はより寒くなる。気候は極端化する。

 さて、「地球温暖化」によって、その言葉どおり、夏はより暑く、そして冬も暖かくなっているのか。
 実感としてはそうではなく、夏はより暑く、冬はより寒い。
 これは「気候の極端化」と表現するのが適切だろう。
 この気候の極端化を合理的に説明できるのは、地軸の傾きの変化である。

 で、ネットで「地軸 傾き 変化」をグーグルで検索すると出てくるページが、『ウィキペディア』の「ミランコビッチ・サイクル」。
ミランコビッチ・サイクル(Milankovitch cycle)とは、地球の公転軌道の離心率の周期的変化、自転軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動という3つの要因により、日射量が変動する周期である。1920~1930年代に、セルビアの地球物理学者ミルティン・ミランコビッチは、地球の離心率の周期的変化、地軸の傾きの周期的変化、自転軸の歳差運動の三つの要素が地球の気候に影響を与えると仮説をたて、実際に地球に入射する日射量の緯度分布と季節変化について当時得られる最高精度の公転軌道変化の理論を用いて非常に正確な日射量長周期変化を計算し、間もなくして放射性同位体を用いた海水温の調査で、その仮説を裏付けた。

 私は学者ではないので詳しくは分からないが、
・地軸の傾きの変化
現在、地球の地軸の傾きは23.4度だが、この値も常に一定ではない。地球の地軸の傾きは約21.5度から24.5度の間の間を定期的に変化しており、その周期は4.1万年である。地球の地軸の傾きは季節差に影響を与え(地軸の傾きが大きいほど季節差が大きい)、結果として地球の気候にも影響を与える。


 地軸の傾きは周期的に常に変化しているらしい。
 「地軸の傾きが大きいほど季節差が大きい」とあるように、
 21.5度の傾きなら、季節差は小さい。夏は比較的涼しく、冬は比較的暖かい。
 24.5度の傾きなら、季節差は大きい。夏はより暑く、冬はより寒い。
 地軸の傾きは常に変化しているのだから、季節差は徐々に小さくなっていくか、大きくなっていくかのどちらか。
 現在、地軸の傾きは21.5度から24.5度に向かって変化しているのではないのか?
 だから以前に比べて、夏はより暑く、冬はより寒く感じられるようになってきた。
 気候が変動するのは当たり前。

 「地軸の傾きが大きくなると、夏はより暑く、冬はより寒くなる」
 これは誰もが認める事実だろう。中学校で教えられることである。
 「地軸の傾きは常に変化している」
 これも異論はないだろう。
 そうすると「地球温暖化」と言われる現象は、地軸の傾きが大きくなってきたことが原因である、と認められるだろう。
 (「温室効果ガス」なんて言っている人は、おそらく中学校レベルの「季節の変化は地軸の傾きによるもの」が分からないのだろう)

 そして気候の極端化が地軸の傾きの変化によるものであるなら、二酸化炭素を減らしても無意味である。
 二酸化炭素を削減しても、地軸の傾きには何も影響しない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

4次元について

『相対性理論の矛盾を解く』(原田稔著NHKブックス)P21
 物理学も数学も数値を扱いますが、数学に出てくる数値には単位がついていません。数学は「論理整合性」を命とするものですから、現実に縛られることはありません。つまり、理論の枠組みの中で矛盾が発生しなければよしとされます。しかし、物理学の場合、いかに理論整然と議論が展開されても、その結果が自然現象と少しでも矛盾するようであれば、学問として失格することになります。


 これを読んで思ったこと。
 いくら数学的に10次元、11次元が導き出されようとも、それは現実的(物理学)ではないと思う。

 私は4次元も信じていない。
 もし4次元が存在するならタイムマシンが作れるはずである。
 タイムマシンが作れるのであれば、1000年後、1万年後、1憶年後のタイムマシンが作られた時代から現代にやってきているはずである。

 次元とは何か?
 私たちが知覚する物質(客体)と、その知覚したものを記憶する私たちの脳・イメージは、その形式が違うのである。
 目の前にあるイスが、木材のまま脳の中に入るのではない。
 客体のイスは、知覚することで脳内でイメージ「イス」となる。
 ここに物体とイメージという形式の違いがある。その形式の違いが次元となる。
 客体のイスは3次元、イメージの「イス」は2次元。
 そしてマイナスの方向に演繹して1次元を作り、プラスの方向に演繹して10次元、100次元、100000次元を作り出す。脳内で。
 差異があるから演繹するのである。
 人間のつくりが、客体のイスがそのまま木材のまま脳に入るのであれば(アメーバ的な)、それは形式に差異はなく、1次元の思考であっただろう。演繹することはなく10次元なんて考えもしなかった。

 10次元や100次元や1次元は、結局はイメージなので2次元にすぎない。
 黒板に書いた数式や絵画なども脳内のイメージを表したものであるから、2次元である(脳内の2次元を3次元に表出している。2.5次元と言ったほうがいいか)。
 そういうことで、客体の3次元、イメージの2次元で世界(すべて)は成り立っている(+脳内のイメージを表出した物体(黒板の数式など)の2.5次元)。

 4次元など存在しない。それは2次元(2.5次元)に帰着する。
 点(1次元)、線(2次元)、立体(3次元)、4次元(時空)は、どれも脳内のイメージである。
 りんご1個を抽象化して数字の1を考える。
 りんごは物体(3次元)、数字の1はイメージ(2次元)。
 点、線、立体、時空も、この世界(3次元)を抽象化した、脳が作ったイメージ(2次元)である。
 それぞれの世界があるわけではない。

 「多元宇宙」があって「ワームホール」でつながっている、などと一部の物理学者は主張する。
 しかし、その多元宇宙も脳が作ったイメージであり、この世界とは別の世界があるわけではない。
 物理学者は、なぜ自分が多元宇宙なんて考えるのかわかっていないのだろう。
 この世界にあるもの(物質)と、それを知覚し記憶する脳の形式が違うからである。

 だから数学は2次元、物理学は3次元と言える。
 いくら数学的に多元宇宙が導き出されたとしてもそれは脳内でのことであり、この世界(3次元)に存在しなければ学問的に(物理学として)間違いである。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

重力を否定したい4

 ジャンプする。
 重力という考え方では、真下への重力よりも上方へのジャンプが勝っているからジャンプできる。
 でも、なぜ地球の重力に逆らってジャンプできるのだろう?
 そして、なぜ落下して着地するのだろう?
 重力よりもジャンプが勝っているのだから、重力が一定であるならば、ジャンプによって宇宙にまで行くのではないのか?
 鉛直方向に力(重力)が働いているとすると矛盾が出てくる。物理学者が言う「重力は弱い」という問題。

 では「押力」でジャンプを説明してみる。
 まず真上にジャンプする。
 地面(地球)の押力を+100とする。
 またジャンプだけの力は+5とする。
 地面を踏み台にジャンプするので+105。
 地面は+100なので、+105との差、+5だけ地面から上に位置する。5cmとする。
 しかし、時間とともに空気抵抗によってジャンプの勢いは減少する。(等加速度運動の逆である)等減速度運動する。
 次の瞬間は+104。4cmの上昇(合計で9cm)。
 次の瞬間は+103。3cmの上昇(合計で12cm)。
 次の瞬間は+102。2cmの上昇(合計で14cm)。
 次の瞬間は+101。1cmの上昇(合計で15cm)。
 次の瞬間は+100。地面の+100と同じ値なので上昇はなくなる。ここがジャンプの頂点。
 次の瞬間は+99。地面は+100なので、1cmの下降(高度は14cm)。
 次の瞬間は+98。地面は+100なので、2cmの下降(高度は12cm)。
 次の瞬間は+97。地面は+100なので、3cmの下降(高度は9cm)。
 次の瞬間は+96。地面は+100なので、4cmの下降(高度は5cm)。
 次の瞬間は+95。地面は+100なので、5cmの下降(高度は0cm)で地面に着地。

 斜め上にジャンプしたときは、横方向は等速度運動で、縦方向は上記の初速度を+100(もちろん感覚される相対速度はゼロ)とする空気抵抗での等減速度運動で放物線を描く。
 初速度ゼロの自由落下とは、その落下の始めは地面も物体も同じ+100だから相対速度がゼロで、初速度がゼロのように見える。

 落下物は初速度ゼロから等加速度で落下しているのではない。
 地面が+100。地面に立つ人も地面の力が伝えられて+100。その人が持つリンゴも+100。
 リンゴもすべてのものと同様に下から上に地面に押されていたのが、手を放したことで地面の+100が伝わらなくなり、慣性のみになる。
 しかし空気抵抗によって、その慣性は減速していく。
 観察者とリンゴとの速度の違いによって、観察者を基準にすればリンゴは落下していく。
 地面に接しているすべてのものが+100なので、ただリンゴだけが運動している(落下していく)ように見える。

 ニュートンの重力という考え方では、なぜ重力に加速度があるのか説明できていないのではないのか?
 ただ自由落下の観測結果から「重力には加速度があるものだ」としているだけで。
 しかし私の「押力」では、その仕組みを説明することができる。

 そしてニュートンの重力では、落下物は等加速度で加速し続けるのだから、最終的には光速を超えることになる。
 しかし「押力」という考えでは、どんなに速くても地球の+100を超えることはない。
 落下物は手を放した瞬間の+100から始まって減速していき、ゼロになると、それは慣性がなくなったということ。
 それ以降は減速することはなく、ゼロのまま一定。
 地球や観察者の+100と落下物のゼロの相対速度が、最も落下速度の速い状態であり、それ以降は落下速度は変わらず+100のまま一定となる。

 さて、空気抵抗がなければ放物線にはならない、としたところで、次回は惑星の楕円軌道について。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン