FC2ブログ

日大悪質タックル

 ↓『NHK NEWS WEB』アメフト問題「タックルした選手守るため聞いてない証言した」(2018年11月13日)
日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題では、現場にいたほかの部員の証言が有力な根拠となり、監督とコーチから反則行為の指示があったと認定されました。この部員が警視庁の調べに対し「タックルした選手を守るために実際に聞いていない証言をした」という趣旨の話をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

ことし5月、東京 調布市で行われた試合で、日大の選手が関西学院大の選手に後ろからタックルする悪質な反則行為をした問題で、日大の第三者委員会は、部員など延べ100人への聞き取り調査を行いました。

第三者委員会の報告書によりますと、現場にいたほかの人物が聞き取りに対し、タックルの直後、井上奨前コーチ(29)が内田正人前監督(63)に「やりましたね」と声をかけ、内田前監督が「おお」と応じたと証言したということです。

この証言が有力な根拠となり、反則行為は内田前監督と井上前コーチの指示で行われたと認定されました。

警視庁は、傷害容疑で被害届が出されたことを受け、第三者委員会とは別に部員など200人余りから話を聞いてきましたが、監督とコーチとのやり取りを証言した部員が「実際に聞いていない証言をした。タックルした選手を守るためだった」という趣旨の話をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

警視庁は、試合の映像解析や、複数の部員の話からも反則行為の明確な指示は確認できず、前の監督とコーチの刑事責任は問えないと判断し、こうした意見や捜査結果をまとめた書類を近く検察庁に送付することにしています。

日大の広報担当者はNHKの取材に対し、「部員の話が事実だとすれば何らかの対応を取らなければならないかもしれないが、現段階で答えることはない」と話しています。

この問題で、内田前監督と井上前コーチは、反則行為は指示したことはないと一貫して否定していました。

内田前監督は、5月の会見で「私からの指示ではない」と否定したほか、井上前コーチは「試合前にクオーターバックの選手を潰してこいと言ったのは真実だが、いつもと違うようなプレーをしてほしかったという意味で、けがをさせる目的では言っていない」と説明しました。

一方、日大の第三者委員会は、報告書の中で「タックルをした日大の選手の説明は全般的に信用できると判断した」と指摘したうえで、現場にいたほかの部員の証言を有力な根拠とし、「内田氏および井上氏の説明は不自然かつ不合理で、信用できる関係証拠とも矛盾することなどから信用できない」として、反則行為の指示はあり、相手選手への傷害の意図を含むものだったと認定しました。

これを受けて、日大は臨時の理事会を開き、ことし7月に内田前監督ら2人を懲戒解雇にしました。

また、関東学生アメリカンフットボール連盟は、規律委員会で調査した結果、タックルをした選手による説明が具体的で合理的だとして、前監督と前コーチが反則行為を指示したと認定し、事実上の永久追放に相当する除名処分にしました。

ただ、今回の部員の証言は直接の根拠とはしていません。


 なんか、すごい怖い話なんですけど。
 テレビは無実の人を犯罪者として映し、悪人を正義のヒーローに仕立て上げる。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
スポンサーサイト

ロシア疑惑

 ↓『YOMIURI ONLINE』トランプ氏が口論、CNN記者は「国民の敵」(2018年11月08日)
 米国のトランプ大統領は7日のホワイトハウスでの記者会見で、米CNNテレビの記者を「フェイクニュースを報道するなら国民の敵だ」などと非難し、記者と激しい口論となった。
 約1時間半に及んだ記者会見の中盤、中米からの大規模な移民集団を「米国への侵略」としたトランプ氏の主張にCNNのジム・アコスタ記者が疑問を呈すると、トランプ氏は「彼らが役者だと思うのか? 彼らはハリウッドから来たのではなく、現実だ」などと反論し続けた。
 アコスタ氏がさらにロシア疑惑について質問すると、トランプ氏は「でっち上げだ」と言葉を荒らげ、アコスタ氏のマイクを取り上げるように指示した。「CNNはあなたを雇っていることを恥に思うべきだ」とのトランプ氏の追い打ちに、アコスタ氏は立ち上がって抗議したが、トランプ氏は取り合わなかった。


 このときの映像を何度か見たが。
 トランプの「でっち上げだ」にウソは感じられない。
 トランプに対する「ロシア疑惑」は、フェイクニュースに思える。

 でも。
 じゃあ、ヒラリー・クリントンのメールをウィキリークスに流したのは誰?という問題に戻るが。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

参院選と憲法改正

 ↓『産経新聞』橋下徹氏、小沢一郎、前原誠司両氏と会食(2018.11.8)
 日本維新の会前代表の橋下徹前大阪市長と自由党の小沢一郎代表、国民民主党の前原誠司元外相が7日夜、東京都内のフランス料理店で会食し、非自民勢力の結集のあり方などをめぐって意見交換した。
 関係者によると、会食は、小沢氏が橋下氏の動向に関心を示していることを耳にした前原氏が、橋下氏と定期的に開いている会食の場に小沢氏を招く形で実現した。橋下氏が野党結集に向けた持論を記した著書「政権奪取論」(朝日新書)が話題にのぼり、著書の内容について「認識はみんな共通していた」(出席者の一人)という。


 なぜ橋下徹なのか?
 と考えると、改憲派だから?

 小沢一郎の子分の玉城デニーは、沖縄県知事選で日米地位協定の改定を訴えて当選した。
 日本に有利な改定にするには、憲法に自衛隊を明記する必要がある。
 小沢一郎は改憲派の「神輿」を探していて、橋下徹に目を付けたのではないか?

 自民党は政権与党だから、アメリカ側に配慮して地位協定の改定には踏み込めない。

 来年の参院選は憲法改正の国民投票と同時になると思うが。
 憲法改正するものの、自民党は参院で過半数を失うと予想してみる。

 衆参同時選挙はないと思うが。
 まずは2019年に小沢新党が参院選で勝利して、政党交付金をゲット。
 2020年に景気の悪化やアメリカの対日要求なんかで安倍晋三が追い込まれて解散総選挙。
 橋下徹は参院から衆院に鞍替えして、橋下総理大臣誕生。
 そんな可能性もあるんじゃないかと。

 問題は野党が憲法改正でまとまるのか?という点。共産党とか。
 あと原発問題でも対立があると思う。

 玉木雄一郎の最終的な肩書が「国民民主党代表」で終わりなのが、ちょっとかわいそう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

アメリカ中間選挙

 ↓『NHK』シリーズ アメリカ中間選挙②(2018年11月6日)
全米各地で、トランプ大統領と言動がそっくりの「ミニ・トランプ」候補が次々と出現!その背後には、2年後の再選まで狙うトランプ大統領が、自らの意に沿う候補者を支援し、対立する議員を次々と引退に追い込んでいった実態があった。
(中略)
トランプ政権下で、辞任や引退を表明した共和党の議員は37人。一方で、トランプ大統領の政策に同調したり、資金面で支援を受けたりしているミニ・トランプと呼ばれる候補者が、少なくとも66人擁立されたのです。
(中略)
トランプ大統領の選挙戦略アドバイザー カトリーナ・ピアソン氏
「今の議会には、トランプ大統領の邪魔をする議員がたくさんいる。中間選挙で勝利することができれば、邪魔者を取り除き、前回の大統領選挙で誓った公約をどんどん実現できるようになる。そうすればトランプ大統領は、次の大統領選挙で再選を果たせるだろう。」


 ↓『産経新聞』トランプ氏は2つの「勝利」を収めた ワシントン支局長 黒瀬悦成(2018.11.7)
(前略)
 そして、トランプ氏にとり「第二の勝利」は、同氏が今回の選挙で共和党を良くも悪くも「トランプ党」に変貌させたことだ。
 2020年大統領選での再選を狙うトランプ氏が今回の選挙で重視したのは下院ではなく上院だ。トランプ氏は昨年1月に就任以降、計23州で選挙集会を行ったが、いずれも前回の大統領選に続き勝利のカギを握る接戦州と共和党が強い「赤い州」だった。
 堅固な支持基盤を誇るトランプ氏にあやかるため、各候補も同氏と同様の主張を展開。集票に向けて各候補の「トランプ効果」への依存度が高まる中、共和党支持層の89%、保守層の73%がトランプ氏を支持するに至る(ギャラップ社調べ)など、トランプ氏は再選に向けて共和党の掌握に成功したといえる。


 共和党内の反トランプ派と言えば、8月に亡くなったジョン・マケインが象徴的だったと思うが。
 そういう反トランプ派が減って、「ミニ・トランプ」が増えた。
 『産経新聞』が言うように、「共和党を良くも悪くも「トランプ党」に変貌させた」というのが、一つの事実。

 もう一つの事実は、民主党内でも旧守派が退場したということ。
 ↓『YOMIURI ONLINE』2018中間選挙、アメリカ国民の審判(2018年11月08日)
 CNNによると、ニューヨーク州の下院14選挙区では、民主党予備選で党の重鎮を破り注目された新人候補のアレクサンドリア・オカシオコルテス氏(29)が当選確実に。社会主義団体メンバーで、民主党内で台頭する急進左派系。ほんの1年前まではレストランのウェートレスだったオカシオコルテス氏は来年1月、最年少の米連邦下院女性議員となる。

 オカシオコルテスのような民主党の新人が下院で多数当選しているということは、民主党の予備選で旧守派が退場したということ。

 ニュースでは、上院が共和党、下院が民主党という「ねじれ」ばかり注目されているが。
 共和党・民主党ともに、旧守派が負けたというのが今回の選挙だったと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ