日馬富士暴行事件

 ↓『産経WEST』鳥取県警が傷害容疑で二次会のラウンジ個室を現場検証(2017.11.21)
 大相撲の横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警が、現場となった鳥取市内にあるラウンジの個室を傷害容疑で現場検証していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、これまでに実施した日馬富士関と貴ノ岩関、同席者らの事情聴取の内容と、それぞれが座っていた場所などの検証結果を合わせて分析し、同容疑での立件を視野に捜査している。

 捜査関係者や訪れたことがある客によると、店内にはカウンター席と個室がある。日馬富士関らは同市内のちゃんこ料理店で会食後、2次会で訪れ、個室を利用していたという。

 その場には、白鵬関と鶴竜関の2横綱、関脇照ノ富士関のモンゴル出身力士のほか、日本人力士や地元関係者らが同席していた。

 日馬富士関は17日の県警の聴取で、「素手で殴った」などと暴行を認め、ビール瓶での殴打は否定している。

 関係者によると、白鵬関から生活態度を注意されていた貴ノ岩関が、知り合いから連絡が来たとしてスマートフォンを操作しようとし、日馬富士関は、その態度に怒り、殴るなどしたとされる。


 かなり昔の話だが。
 今田耕司がダウンタウンとの関係をテレビでしゃべっていたのを見たことがある。
 ダウンタウンと同じ番組に出るのだが寝坊してしまって。
 かなり遅刻して現場に到着したら、ダウンタウン浜田雅功に思いっきり殴られたと。
 しかし、あとから「大御所も一緒の現場で、さんざん待たせといて殴らなかったら場が収まらなかった」みたいなことをダウンタウン浜田に言われて、むしろ感謝した、と。
 このダウンタウン浜田暴行事件が騒ぎにならなかったのは、今田耕司が警察に被害届を出していないからだろう。「事件」になっていない。

 白鵬に説教されていた貴ノ岩がスマートフォンを操作しようとしたとき、日馬富士はダウンタウン浜田みたいなノリで貴ノ岩に暴行したのだと思う。
 しかし、ダウンタウン浜田-今田耕司ほどの信頼関係が、日馬富士-貴ノ岩にはなかったのだろう。

 関西芸人での飲み会があったとして。
 明石家さんまがよゐこ有野晋哉を説教していたとして。
 松竹芸能の有野晋哉は吉本の明石家さんまに説教される意味が分からない。
 スマートフォンを操作しようとしたら、吉本の浜田雅功に「お笑い界のレジェンドがしゃべっているんやで」としばかれた、みたいな話。
 で、有野晋哉が松竹の社長にこのことを言ったら、松竹の社長が「吉本をつぶすチャンスや。警察に被害届を出したらんかい。とことんやったるで」と。

 白鵬や日馬富士は、貴ノ岩とも仲間意識があると思っていたのだろう。
 でも貴ノ岩や貴乃花にはそんな仲間意識はなかった。

 貴乃花は相撲に対して悪意しかないんじゃない?
 「悪意ある弱者」になっている。
 もう、別団体を立ち上げたらいいじゃん。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン
スポンサーサイト

思考実験/アキレスと亀2

 ↓『頭の中は最強の実験室』P25
 1647年イエズス会のグレゴリーは「アキレスと亀」について、アキレスが亀に追いつくまでの時間を次のようにして求めています。
 簡単のために、(中略)アキレスと亀の速さをそれぞれ毎秒2mと毎秒1mとし、亀はアキレスの前方1mからスタートすることにする。この位置をX0とする。アキレスが亀の位置に来るまでには1m移動するわけですから1/2秒かかる。このとき亀は1/2m先に進んでいる。この位置をX1とする。次にアキレスがX1まで追いつくには、1/2m進めばいいわけだから、1/4秒かかる。このとき亀はさらに1/4m先に進んでいる。最初の位置からだと1/2+1/4m位置である。時間はというと最初のステップで1/2秒、次のステップでは1/4秒である。以下同様に繰り返すので、n回目には、
 1/2+1/4+1/8+1/16+……+1/2^n
となる。これは等比級数というもので、その無限個の和は1に収束する(どんどん近づいていく)。
 lim n→∞(1/2+1/4+1/8+……+1/2^n)=1
 したがって、亀がアキレスに追いつかれる位置X∞は最初の亀の位置から1mのところということになる。それにかかる時間は1秒である。その瞬間にアキレスは亀を追い越し、その後はアキレスのほうが先に行く!


 これにならって、私の前回の記事を分数で表せば、以下のようになる。

 アキレスは毎秒2mの速さだから、1m先の亀の出発点に到達したときは1/2秒後。
 亀は1/2秒間にアキレスの1/2m先に進んでいる。

 次にアキレスが亀がわずかに進んでいる地点、1/2m先に到達したときは、1/4秒後(トータルで1/2+1/4秒後)。
 亀は1/4秒で、1/4m先に進んでいる。

 次にアキレスが亀がわずかに進んでいる地点、1/4m先に到達したときは、1/8秒後(トータルで1/2+1/4+1/8秒後)。
 亀は1/8秒で、1/8m先に進んでいる。

 以上を繰り返しているのが「アキレスと亀」の構造。
 「おや?」と思うのは、1/2秒後→1/4秒後→1/8秒後と、時間の間隔が短くなっていくこと。
 実際には、1秒後の、亀のスタート地点から1m進んだ地点でアキレスが追いつき、追い越していくのだが、ゼノンが注目するポイントが1/2秒後→1/2+1/4=3/4秒後→1/2+1/4+1/8=7/8秒後となっていて、これでは1秒後に到達することがない。

 あれ?
 グレゴリーは「1秒後に到達する」って言ってんの?

 「無限個の和は1に収束する(どんどん近づいていく)」のには、私も同意する。
 1/2(0.5)→3/4(0.75)→7/8(0.875)→15/16(0.9375)→31/32(0.96875)→63/64(0.984375)
 初めの0.5から1にどんどん近づいていくのは明らか。
 でも1に到達することはない。
 数列においての「=1」は、「1に限りなく近づく(収束する)」という意味であって、「同等」ではないんじゃないの?

zenon02.jpg

 1を半分に分割したら1/2が二つ。
 1/2+1/2=1。
 1/2+1/4+1/4=1。
 1/2+1/4+1/8+1/8=1。
 1/2+1/4+1/8+1/16+1/16=1。
 ここで使っている「=」は同等を意味する。

 1/2+1/4+1/8+1/16…+1/2^n=1。
 これの「=」は同等ではなく、「収束する」という意味。

 この二つは、それぞれの意味において正しいが、しかし混同させるのは間違いだろう。
 1に収束するからと言って、「亀がアキレスに追いつかれる位置X∞は最初の亀の位置から1m」と答えを導き出すことはできない。
 
 1/2+1/4+1/8+1/16…+1/2^nに、さらに1/2^nを加えたら1になる。
 しかし「アキレスと亀」では、加えるのは1/2^nよりも小さな値だから1になることはない。
 1/2+1/4+1/8+1/8=1だが、
 1/2+1/4+1/8+1/16=15/16だから1にはならない。アキレスは亀を追い抜けない。
 その次も、1/2+1/4+1/8+1/16+1/32=31/32だから1にはならない。1に収束しているが、アキレスは亀を追い抜けない。
 これを無限に繰り返しても、1に限りなく近づくが、1になることはない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

思考実験/アキレスと亀

 「アキレスと亀」で有名な古代ギリシャのゼノン。
 エレア派の哲学者で、エレア派の始祖であるパルメニデスの弟子であり、養子。
 「エレア」は地名。南イタリアにあった小都市。

 『ウィキペディア』によると、パルメニデスが紀元前500年か475年頃の生まれ。
 ゼノンは紀元前490年頃の生まれで、エレアを支配していた僭主ネアルコス(一説によればディオメドン)を倒そうとして捕えられ、紀元前430年頃、刑死。
 その一世代あとがソクラテスで、紀元前469年頃の生まれ。

 ↓『頭の中は最強の実験室』P23 「アキレスと亀」
 俊足のアキレスと鈍足の亀が競争する。亀はハンディキャップをもらって、少し進んだ地点からスタートさせてもらうことになった。
 いっせいにスタートして、アキレスが亀の出発点に到達したときには、鈍足の亀もわずかではあるが、その前に進んでいる。次にアキレスが、亀がわずかに進んでいる地点に到達したときには、今度も亀はごくわずかかもしれないがさらにその前に進んでいる。このくり返しは際限なく続くので、アキレスはいつまでたっても亀に追いつけない……


 ↓『頭の中は最強の実験室』P24
 この論理的結論は、現実に反していて不条理です。実際には、アキレスは、亀に追いつきそして追い越すことは明らかです。出発のときのハンディキャップと速さの違いから、何秒後に追いつくかもすぐ計算できます。
 簡単のために、アキレスと亀の速さをそれぞれ毎秒2mと毎秒1mとしましょう。亀はアキレスの前方1mからスタートすることにします。すると、右図のように、1秒後には亀とアキレスは同じ位置にいますね。つまり追いついています。

zenon01.jpg

 ↓『頭の中は最強の実験室』P26
 (アリストテレスは)「アキレスと亀」は、ゼノンの論証に誤りがあるのであって、パラドックスではないと言います。ゼノンが結論を導く論法は、アキレスが前回に亀がいた位置まで進むという操作を「無限回」くり返しても、まだ亀はアキレスの前方にいるという論法です。これはすなわち、「アキレスが亀を追いかけている過程にある限り、アキレスは追いつけない」とあたりまえのことを言っているにすぎないとアリストテレスは断じました。

 アキレスが亀を追い抜いていない範囲に限定して、規則的にポイントを設定しているだけにすぎない、と。
 結論としては、これに尽きると思うが、まずは「アキレスと亀」を解明してみよう。

 アキレスは毎秒2mの速さだから、1m先の亀の出発点に到達したときは0.5秒後。
 亀は0.5秒間にアキレスの0.5m先に進んでいる。

 次にアキレスが亀がわずかに進んでいる地点、0.5m先に到達したときは、0.25秒後(トータルで0.75秒後)。
 亀は0.25秒で、0.25m先に進んでいる。

 次にアキレスが亀がわずかに進んでいる地点、0.25m先に到達したときは、0.125秒後(トータルで0.875秒後)。
 亀は0.125秒で、0.125m先に進んでいる。

 以上を繰り返しているのが「アキレスと亀」の構造。
 「おや?」と思うのは、0.5秒後→0.25秒後→0.125秒後と、時間の間隔が短くなっていくこと。
 実際には、1秒後の、亀のスタート地点から1m進んだ地点でアキレスが追いつき、追い越していくのだが、ゼノンが注目するポイントが0.5秒後→0.75秒後→0.875秒後となっていて、これでは1秒後に到達することがない。

 さて、「時間の間隔が短くなっていく」とは言うが、実際の時間が変化しているのではない。
 時間は、普通に定数的に経過している。
 また、アキレスの速度が遅くなっているわけでもない。
 ゼノンは、アキレスと亀の競争をハイスピードカメラで撮影して、0.5秒後、0.75秒後、0.875秒後の写真を見せて「ほら、アキレスは亀に追いつけない」と言っているだけ。
 カメラには、1秒後に追いつき、2秒後にアキレスが亀を追い抜いている写真も撮られているが、それをゼノンは隠している。
 「アキレスが亀を追いかけている過程にある限り、アキレスは追いつけない」と言うアリストテレスの理解が正しいだろう。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

ネタ不足

 ネタがなくてブログの更新ができない。
 あいかわらず『Guild of Heroes』はプレイしているが、これで記事を書くのも難しくて。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン